2019年 12月 15日 (日)

日本語ラップの草分け、ECDさん死去57歳 「永遠にリスペクトして生きていきます」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本語ラップの草分けの1人として知られるヒップホップミュージシャンのECD(本名・石田義則)さんが2018年1月24日、死去した。57歳だった。遺族が本人のツイッターを通じて25日朝に報告した。

   ECDさんは2016年9月のツイッターで、大腸と食道に進行性のがんが見つかったことを公表。闘病生活を送りながらも、音楽活動を続けていた。今回の訃報にツイッターでは、音楽仲間や関係者から追悼のコメントが上がっている。

  • ECDさん(写真はPヴァイン提供)
    ECDさん(写真はPヴァイン提供)

「家族と友人達に見守られながらの最期でした」

   ECDさんの訃報は1月25日朝8時過ぎ、本人のツイッターアカウントで伝えられた。投稿では「家族による代筆です」として、

「昨夜21時36分、ECDこと石田義則は入院先の病院で息を引き取りました。家族と友人達に見守られながらの最期でした。これまで応援してくださった皆さんには深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました」

と報告した。告別式などについては、決まり次第改めて告知するという。

   ECDさんは1987年、ラッパーとして音楽活動を開始。ヒップホップコンテスト「CHECK YOUR MIKE」を主催するなど黎明期の日本語ラップシーンを牽引し、90年にシングル「Picocurie」でデビューした。

   96年には、RHYMESTERやキングギドラなど当時の日本語ラップシーンを代表するアーティストを集めたイベント「さんぴんキャンプ」をプロデュース。これは、当時としては最大規模の日本語ラップイベントで、後のシーンにも大きな影響を与えたとされる。

   近年は、反原発運動や反レイシズム運動にも積極的に参加していた。2014年には「C.R.A.C.」(旧・レイシストをしばき隊)らとコラボした楽曲「Antifascist Railroad(アンチファシスト・レイルロード)」を発表している。

   16年9月には進行性のがんを患ったことを告白。17年3月には闘病生活を追ったドキュメンタリー作品「がんばれECD」がYouTubeで公開され、注目を集めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中