2018年 10月 22日 (月)

JAL植木社長が退任へ 6年ぶり社長交代で「若返り」図る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本航空(JAL)は2018年1月24日、植木義晴社長(65)が退任し、後任に赤坂祐二常務執行役員(56) を充てる人事を発表した。4月1日付。植木氏は退任後も、引き続き代表権を持つ取締役会長を務める。大西賢会長(62)は4月1日付で会長を退任し、6月の株主総会で取締役も退く。植木氏はパイロット出身だったのに対して、大西、赤坂氏は整備部門の出身だ。

   JALの社長交代は約6年ぶり。植木氏は17年4月、中期経営計画の発表会見で「経営、社長というものは、いつまでも長く続けていいものだとも正直、思ってはおりません。若い人に譲るべき時期は当然来るのだと思っています」と発言していた。

   植木氏は18年1月24日の記者会見で、2020年以降の訪日外国人客の増加を視野に「どのくらい(受け入れを)貢献できるかを含めて成長の道筋を作っていければと思います」と話した。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...