2018年 6月 19日 (火)

「十分よい協定になれば」トランプ米大統領、TPPの復帰検討を示唆

印刷

   トランプ米大統領は2018年1月25日(現地時間)、訪問先のスイスで受けた米CNBCテレビのインタビューで、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、再交渉の条件次第では復帰する可能性があることを示した。

   17年1月の大統領選勝利後に公約通りTPPから離脱したトランプ氏だが、「十分よい協定になれば」と復帰の検討を示唆した。一方でこれまで同様、2国間協定の交渉を重視する考えも示している。

   米国を除いた日本など11の参加国は既に交渉を決着させ、3月に署名する段取りとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中