2020年 5月 30日 (土)

高校生の「タオルで袋叩き」動画に「いじめでは?」 学校側「悪ふざけでした」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   学校法人「吉備学園」が運営する岡山商科大学附属高校(岡山市)で、廊下にうずくまった男子生徒が周囲からタオルなどで何度も強く叩かれる様子を撮影した動画がインターネット上で拡散され、「いじめではないか」との指摘が相次ぐ騒ぎになっている。

   同校の広報担当者は2018年1月29日のJ-CASTニュースの取材に対し、動画に登場する生徒らに聞き取りをした結果だとして、「いじめではなく、悪ふざけだった」と説明した。叩かれていた生徒本人もいじめを否定しているという。

  • 岡山商科大学付属高校(Wikimedia Commonsより、Bio06940さん撮影)
    岡山商科大学付属高校(Wikimedia Commonsより、Bio06940さん撮影)
  • 岡山商科大学付属高校(Wikimedia Commonsより、Bio06940さん撮影)

「痛い」「めっちゃ痛い」

   動画は約10秒の長さで、頭を手で押さえながら廊下にうずくまる男子生徒を、別の男子生徒2人がタオルなどで何度も叩く様子がおさめられている。タオルが生徒の体に当たる度に「バン!」と大きな音がすることから、かなりの勢いで叩いているようだ。

   動画で確認できる限りでも、うずくまった生徒が叩かれた回数は少なくとも20回以上。 体を丸めた生徒は「痛い」「めっちゃ痛い」などと声を上げるが、周囲からは大きな笑いが起きている。

   こうした一幕を撮影していた生徒は17年12月22日、自らのツイッターに「終業式も安定に平和な商大生」などのコメントを添えて動画を掲載。その後、動画の存在に気付いた別のユーザーが紹介したことで、18年1月28日頃からネット上で大きな注目を集めることになった。

   動画を見たネットユーザーからは、「いじめではないか」との指摘が続出。ツイッターやネット掲示板では、動画の内容を問題視する意見が相次いだほか、撮影した生徒の個人情報を「特定した」などと主張するユーザーまで出る騒動となった。

   なお、すでに撮影者の生徒は投稿した動画を削除しているが、YouTubeなどにコピー動画が転載されており、その内容は29日昼も確認することができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中