2018年 10月 18日 (木)

テニプリファンの怒りを買って... ラノベ「異世界テニス無双」打ち切りの一部始終

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気ラノベ作家の新作が、刊行直後にまさかの「打ち切り」――そんなちょっとした騒動が、オタク業界を騒がせている。

   話題となっているのは、SBクリエイティブのライトノベルレーベル「GA文庫」から2018年1月に刊行されたばかりの『異世界テニス無双 テニスプレイヤーとかいう謎の男がちょっと強すぎるんですけど!』だ。

  • Amazonの販売ページより
    Amazonの販売ページより

最強のテニス選手がファンタジー世界で大暴れ

   作者の望公太(のぞみこうた)さんは、2011年のデビュー以来10タイトルを刊行している売れっ子作家だ。14年には「異能バトルは日常系のなかで」がアニメ化、ファンの注目を集めた。

   「異世界テニス無双」はその望さんの最新作として、1月中旬から書店販売が始まった。

   現代日本の人間が、剣と魔法のファンタジー世界に召喚され、悪魔やモンスターなどを相手に戦う――現在、ラノベ界で大流行の「異世界モノ」のテンプレートに沿った本作だが、異色なのはその主人公が「テニスプレイヤー」という点だ。しかも、物理法則を無視した必殺打法を繰り出し、ラケットとボールだけでモンスターたちを軽々倒してしまう。作中での表現を借りれば、

「能力のインフレーションが加速し、もはや完全なる異能バトルと化したスポ根漫画のキャラクターがファンタジーの世界にやってきたような、そんな物語」

なのである。

   ゴブリンをサーブ一撃で絶命させ、ドラゴンと遭遇すれば炎をラケットでかき消し、分身するボールでモンスターの群れを全滅、悪党の攻撃を「残像」でかわす。そんな戦いが、まるまる一冊繰り広げられる。荒唐無稽ではあるが、楽しく読める冒険活劇という印象だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...