2019年 1月 21日 (月)

「何をしても叩かれる」辻希美、「イチゴに練乳」でまさかの批判噴出に同情広がる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   タレントの辻希美さん(30)がブログで、家族とイチゴ狩りに出かけたことを報告したところ、インターネット上でまさかの批判が寄せられた。

   辻さんがイチゴに練乳をかけて食べたことに、彼女のアンチとみられるユーザーが「練乳なんてかけてんじゃねーよ」などと激怒したのだ。こうした騒動は一部ニュースサイトでも報じられ、ネット上では「もう何をしても叩かれる」と辻さんに同情する声が広がっている。

  • 辻希美さん(2015年撮影)
    辻希美さん(2015年撮影)
  • 騒動の発端となった「イチゴ狩り」時の写真(辻さんのブログより)
    騒動の発端となった「イチゴ狩り」時の写真(辻さんのブログより)

「練乳につけて採りたて苺を頂きました」

   辻さんは2018年1月29日のブログで、千葉県富津市の観光施設「マザー牧場」を家族で訪れたことを報告。この日は、3人の子供達からのたっての希望で、園内の施設でイチゴ狩りをしたという。

   辻さんは「めちゃくちゃたくさんの苺が採れましたぁーっ」として、イチゴ狩りを楽しむ子供達の写真を掲載。イチゴはその場ですぐに食べたとして、

「もぉー最高 採りたての苺さんは甘くてみずみずしくて本当~に美味しかったぁ~ 苺が好きすぎるseia(編注・辻さんの長男)は特にたくさん食べていました」

と興奮気味に振り返っていた。

   だが、幸せそうな家族の日常をつづったこのブログに、一部のネットユーザーから思わぬ批判が浴びせられた。辻さんが「早速洗って練乳につけて採りたて苺を頂きました」と今回のブログに書いたことに対し、

「採りたての苺に練乳なんてかけてんじゃねーよ」
「詰みたてのイチゴ!練乳つけず、そのまま食べれや!」
「本当にイチゴ好きなら練乳かけない」 
「練乳つけたら甘いに決まってるよ。つけないで甘いというならわかる」

との書き込みが女性向けのネット掲示板などに出たのだ。

「練乳ぐらい好きにかけさせろよ」

   辻さんの「イチゴの食べ方」に批判が寄せられた一件は、ニュースサイト「デイリーニュースオンライン」が、1月30日配信の「辻希美、イチゴ狩りで摘んだ新鮮なイチゴに練乳たっぷりで批判殺到」と題した記事で紹介したことで注目を集めた。

   まさかの理由で批判に晒された辻さんについて、ツイッターやネット掲示板では、

「辻はそろそろキレていいと思うw 練乳ぐらい好きにかけさせろよ」
「もはや息してるだけで叩かれそうだな...」
「ここまで来ると、さすがに辻ちゃんかわいそう」
「何しても叩かれるね  もう普通に食べても叩かれそうだわ」

といった同情の声が広がっている。そのほか、今回の騒動について「今年一番笑った」「練乳かけただけで叩かれてる人初めて見た」と面白がるユーザーも出ていた。

   なお、辻さんのブログが思わぬ方面から批判されるのは今回が初めてではない。最近でも、朝食に肉まんを出したことが批判されたり、麦茶に氷を入れ過ぎだとして叩かれたり、うどんに入れたネギの切り方が「大きすぎる」とツッコまれたり――などの出来事があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中