「他者に辛辣」な大竹まこと 長女逮捕で「バツが悪いでしょうね」

印刷

   「今までご意見番として偉そうに批判していただけにバツが悪いでしょうね」――。

   タレント・大竹まことさん(68)さんの長女(28)が大麻取締法違反(所持)の疑いで警視庁大崎署に逮捕された事件で、いつも歯に衣着せぬ発言をしている大竹さんのキャラクターを引き合いに、そんな声がネット上に上がっている。

  • 大竹さんが謝罪(画像はイメージ)
    大竹さんが謝罪(画像はイメージ)

「父として監督が十分でなかった」

   大竹さんは2018年2月1日、ラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送、月~金曜13時~)の生放送前に開いた記者会見で謝罪した。テレビ各局が、ワイドショーなどでその様子を伝えた。大竹さんは、会見やラジオ番組内で、

   「父として監督が十分でなかったことを皆様にお詫びしたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」とお詫び。

   「この後、もし娘が戻ってきたら、どうしてこんな犯罪を犯してしまったのか、将来のことをどう考えているのか、家族で娘の意見を聞きながら決めていきたいと思います。父の立場、公人の立場、両方を全うしようと思っております」と述べた。

   大竹さんといえば、歯に衣着せぬ発言で話題になることもしばしばだ。将棋の藤井聡太四段(当時14歳)が歴代新記録の公式戦29連勝を成し遂げた際には、「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で「誰かシメてやれ!」とコメント。その上で、

「77歳のじいさんが、14歳のガキに『どうもすいません』って。それはあり得ないだろ。ルールを変えなきゃダメ。勝っても、『戦わせていただきまして、ありがとうございました』って若いヤツが」

と冗談交じりに話した。

   2017年1月の同番組では、新幹線で近くに座った4人連れの家族が騒がしく「うるせえなぁ!みんないるんだよ!」と怒鳴ったエピソードを披露。この発言は、ネット掲示板などで「キレていいでしょ」「おまえの怒鳴り声が一番うるさい」と賛否を呼んだ。

「(長女の)自己責任」との声も

   こうして世間に物申してきた大竹さんの長女の逮捕に、ツイッターなどインターネット上では

「今までご意見番として偉そうに批判していただけにバツが悪いでしょうねw」
「普段コメンテーターであれほど他者を辛辣に言っているブーメラン来たね」
「娘には『薬物は駄目』すら教育できていなかった?」

と批判的な声が上がった。

   ただ大竹さんが記者会見などで謝罪したことを受け、

「(長女の)自己責任でしょう!」
「一般人の28歳の娘が大麻で捕まって、親が(大竹まこと)謝る必要あるか?」
「なんで成人してる子供の大麻所持で親が責められなきゃいけないんだよ」

などの声も噴出している。

   フジテレビ系「直撃LI VEグッディ!」では、お笑いコンビ「麒麟」の川島明さんが「過ちを犯してきた人をバンバン切って断罪されてきたコメンテーターの方。そういう責任を持って、娘さんを守りたいというので記者会見したのでは」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中