2018年 9月 23日 (日)

山尾氏「立憲的改憲」に待った? 枝野氏が表明した「懸念」

印刷

   山尾志桜里衆院議員が主張する「立憲的改憲」をめぐり、立憲民主党内で路線対立の兆しだ。この「立憲的改憲」とは、安保法制の成立を背景に現行憲法では権力をコントロールしきれていないとして、憲法を改正して自衛権をコントロールしようとする考え方だ。

   枝野幸男代表は、これを「違憲の安保法制を前提にして、これを追認するようなこと」だとして現時点では否定的だ。今後、山尾氏が党憲法調査会の事務局長に就任するとの見方もあり、「立憲的改憲」に向けた主張を強める可能性もある。

  • 立憲民主党の枝野幸男代表は「立憲的改憲」には慎重だ
    立憲民主党の枝野幸男代表は「立憲的改憲」には慎重だ
  • 山尾志桜里衆院議員は「立憲的改憲」を主張している(2016年4月撮影)
    山尾志桜里衆院議員は「立憲的改憲」を主張している(2016年4月撮影)

「相当にスケールの大きいものになるだろう」

   山尾氏は不倫報道で17年9月に民進党を離党し、10月の衆院総選挙に無所属で出馬して当選。立憲民主と同じ会派に入り、17年11月21日に結党後初めて開いた憲法調査会(山花郁夫会長)の会合にも出席した。12月10日には、「ゴーマニズム宣言」などの作品で知られる漫画家の小林よしのり氏が主催する討論イベント「ゴー宣道場」に登場。不倫相手として報じられた政策顧問の倉持麟太郎弁護士とともに、「立憲的改憲」の重要性を主張した。

   「FLASH」17年2月6日号(1月23日発売)に掲載された小林氏の連載「よしりん辻説法」によると、「ゴー宣道場」には2月から毎月山尾氏が登壇するという。小林氏は連載の中で

「憲法学者を呼んで、改憲案を練り上げていく。一般国民が参加でき、ネットの生放送でも見て、参加できるのだ」
「山尾志桜里氏は、立憲民主党に入党し、憲法調査会の事務局長になる。『ゴー宣道場』の師範・倉持麟太郎の協力を得て作る改憲案は、相当にスケールの大きいものになるだろう。もちろん、少数派の人権にも配慮する優しい改憲案になる」

などと説明しており、山尾氏らを巻き込んで改憲案づくりを加速させたい考えだ。

「立憲主義の破壊を追認することに手を貸すことになる」

   ただ、枝野氏はこの「立憲的改憲」には慎重だ。山尾氏は17年末に立憲民主党に入党したが、現時点では党憲法調査会の事務局長ポストは空席だ。1月31日の定例会見では、ポストについて「山花調査会長から必要があれば相談があるのではないか。今のところはありません」。「立憲的改憲」についても、「純粋法理論上の問題」「政治論としての問題」の両方があるとして、「政治論」の問題として、

「違憲の安保法制が存在をしている状況のもとで9条を触るということは、一般的に言えば立憲主義の破壊を追認することに手を貸すことになる」
「まずは安保法制を憲法に合致したものに戻せ、というのが党としての主張」

と、否定的だ。枝野氏はこの党の方針について

「山尾さんを含めて党内で理解をいただいていると思っている」

とも話したが、実際に山尾氏がどの程度「理解」しているかは明らかではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中