2018年 10月 16日 (火)

5年で3億円の大型助成金スタート 初回は田中求ハイデルベルク大学教授に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   年6000万円を 5年間継続、という民間の大型助成金の最初の贈呈式が2018年 1月26日、東京で行われた。主催は中谷医工計測技術振興財団。臨床検査の機器や薬開発・販売するシスメックス社 (本社・神戸市) を創立した中谷太郎氏が1984年に創設した公益財団法人だ。

  • 田中求教授への大型助成を伝える中谷医工計測技術振興財団のホームページ
    田中求教授への大型助成を伝える中谷医工計測技術振興財団のホームページ

京都大にハブ拠点

   同財団はこれまでも電子計測技術関係の研究助成や表彰、子どもの科学教育支援などを行ってきた。今回新たに、国や専門分野の枠を超えた研究や研究者育成を目的とした大型助成金を企画した。

   応募で選ばれたのは京都大学客員教授でもある物性物理学者の田中求ハイデルベルク大学教授。田中教授は1998年からドイツに滞在、2005年から教授になり、中性子や放射光を用いて細胞や組織を計測・解析している。助成金でその国際ハブ拠点を京都大学高等研究院に設け、ハイデルベルク大学をはじめ欧州や日本の大学、産業界と連携し研究する。ハブ拠点は 8人程度の研究室となり、田中教授は年間 100日前後滞在するほか、テレビ会議で常時、研究者の指導にあたるという。

   財団はできるだけこの大型助成金を続ける意向で来年、2 回目を公募する。科学研究を対象に新しく大型の助成ができたことで、多くの関係者に刺激になりそうだ。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...