2018年 6月 25日 (月)

トップリード新妻、謝罪文への「違和感」 「甘さと幼稚さ」レベルの話なのか

印刷

   住居侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕されたことを受け、所属事務所の太田プロダクションから契約を解除されたお笑いコンビ「トップリード」の新妻悠太さんが、2018年2月6日にブログを更新し、謝罪と芸人を辞めることを発表した。

   ブログでは反省している旨がつづられており、ファンからは今後の復帰を望む声が寄せられる一方で、その中にある「私の中の考えの甘さと、幼稚さが招いたこと」という表現を巡り、ネットでは「そういう問題ではない」と批判の声も噴出している。

  • トップリード・新妻の反省文に非難噴出(画像はブログから)
    トップリード・新妻の反省文に非難噴出(画像はブログから)

相方・和賀勇介「一人で頑張ってみます」

   新妻さんは、2018年1月22日、マンションへの住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕され、25日、各メディアが報じた。

   これを受け、新妻さんが所属する太田プロダクションは6日、新妻さんは不起訴処分になったものの、「事の重大性や社会的影響に鑑み」て、所属契約の解除を発表し、相方の和賀勇介さんもツイッターでコンビ解散を報告すると

「とりあえず、一人で頑張ってみます。不安ですが皆様、何卒、お力添えよろしくお願いします」

とコメントし、ファンからは応援のメッセージが寄せられている。

   同日、渦中の新妻さんもブログで同様の内容に加えて謝罪と反省している旨を報告したのだが、その反応は和賀さんへの物とは異なり、厳しい意見も多数混ざっている。

「芸人という道からは足をあらい...」

   「皆様へ」と題された記事で新妻さんは、

「この度の私の軽率な行動により、関係各位の皆様、事務所の方々、ファンの方々、仕事を共にしてきた仲間たちに大変ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
   そして何よりも被害者の方たちには、多大なるご不安、ご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。また、逮捕当初は、自らの弱さからすべて認めることが出来ませんでした。この点を重ね重ねお詫び申し上げます」

と、謝罪し、

「私の中の考えの甘さと、幼稚さが招いたことであり、すべては私の責任であります。改めて自らの行いを深く反省するとともに、2度とこのようなことを起こさないことを誓います」
「北海道から相方と上京し、17年間お世話になった太田プロダクションを去るのはとても寂しいですが、芸人という道からは足をあらい、自分と向き合い、反省し、色々とこれからのこと考えてみたいと思っております」

と、事件の反省をつづった。

   ブログには応援コメントも寄せられてはいるが、ネットではこの反省文に対しての批判が巻き起こっており、ツイッターでは

「住居に侵入しての窃盗って、軽率な行動では済まされなくない?突発的な万引きとかならそう言えるのかもしれないけど、盗むために家に入ったんでしょ?」
「新妻氏の装飾過多な反省文に気持ち悪さしか感じなかったよ...」

といった意見が寄せられている。

   また、「5ちゃんねる」などの掲示板では「考えの甘さと、幼稚さが招いたこと」という表現が問題視され、

「窃盗しようとしたんだろ?甘さと幼稚さとかそんなレベルの話じゃないと思うんだが」
「甘さとか幼稚さとかの問題じゃないだろ」
「甘さと幼稚さって当人が言うのは何か違うと思う 何れにしろ非常識な人間だね」
「まるでガキならやっちゃうでしょ?って言いたげだな」

といった意見が噴出し、非難が向けられている。

   「トップリード」は2001年にデビュー。「キングオブコント」では準決勝、決勝へと勝ち進むことも珍しくなく、新妻さんはピン芸人としても「R-1ぐらんぷり」で準決勝まで進出するなど、キャリアを重ねてきた。

   また、AKB48のメンバーが出演する「AKB48の君、誰?」でもMCを務め、アイドルファンの間でも認知度が高かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中