2018年 9月 23日 (日)

クロちゃんVS森田医師「激闘」の記録 虚言暴く執念...25日間のツイートを追った

印刷

   お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)のツイートを「監視」し、ときに投稿の内容をウソだと指摘する人物がいる。バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で共演している医師の森田豊氏(54)だ。

   クロちゃんは同番組の中で、「2型糖尿病」など6つの生活習慣病を患っているとして、医師から「本当に、いつ亡くなってしまってもおかしくない」と忠告されていた。そんなクロちゃんの生活改善のため、森田氏がツイッター上で普段の行動を厳しくチェックしているのだ。

  • クロちゃんの食事報告ツイートに、森田医師が取ったまさかの行動は…(画像はクロちゃんのツイッターより)
    クロちゃんの食事報告ツイートに、森田医師が取ったまさかの行動は…(画像はクロちゃんのツイッターより)
  • 森田医師はコップのふちの汚れにも着目(画像はクロちゃんのツイッターより)
    森田医師はコップのふちの汚れにも着目(画像はクロちゃんのツイッターより)

「可能な限り『嘘』なくツイートを」

   森田氏がクロちゃんの行動を監視し始めたのは2018年1月14日から。翌15日放送の「名医のTHE太鼓判!」の収録時に、クロちゃんの血液検査などの数値が医師に問題視され、生活改善の指導を受けたためだ。

   クロちゃんといえば、TBS番組「水曜日のダウンタウン」のドッキリ企画で、数々の嘘ツイートが暴かれてきたことでも知られる人物。そのためか、森田氏は最初の忠告となる14日のツイートで、

「クロちゃん、名医のTHE太鼓判医師団はツイッターでも食生活改善を支援します。食事内容、運動など可能な限り『嘘』なくツイートを」

と訴えていた。

   翌15日の朝、クロちゃんはサラダとヨーグルト入りスムージーを朝食に食べたと写真で報告。すると、森田氏は投稿から約8分後にすかさず「確認しました。写真に写っていないところにカップラーメンがないものと信じています」とリプライ(返信)した。

   さらにクロちゃんがウォーキングをしたことを報告すると、森田氏は「いままでほぼ運動してないとしたら、急な運動、特に寒い中で長く歩くのすら危険だから、室内で歩くぐらいに」と指摘。その上で、

「心配でたまらないから、医療機関に早く行ってその先生との写真を掲載して。まじで」

とも提言。医師との写真をわざわざアップするよう求めているのは、クロちゃんの「虚言癖」を警戒してのことだろうか。

クロちゃんの「ウソ」が明らかに...

   その後も森田氏の疑いのツイートは止まらない。16日にハンバーグを食べたことを報告したクロちゃんがアップした写真がサラダとスープだけだったことから、

「何でハンバーグを写さないのでしょうか?。ハンバーグの量や付け合わせ、そして、『ご飯の量』をキチンと報告してください」

とやや苛立ち気味に指摘していた。

   その後も森田氏は、「写真の周りにカツ丼とかはないですよね?。老婆心ながら」(16日夜)、「なぜお盆の周囲が写らないような撮り方をしているんでしょうか?。食べ物を大きく見せる配慮ならいいんですが。。」(18日昼)などと疑いの目を向けていた。

   もちろん、森田氏はクロちゃんが健康に配慮した食事を取った場合は「多品目食べてるのも前進です」「素晴らしい食事です」などと褒めている。だが一方で、忠告が続くにつれクロちゃんへの不信感もエスカレートしていった。

   21日には、クロちゃんがご飯を4分の1にして「すき家」の牛丼を食べたというツイートを受け、森田氏はすき家に急行。その上で、「4分の1のご飯では、この写真のようにはならないと。嘘と診断します」と怒りの顔文字付きで訴えた。

   さらに22日には、森田氏がガックリする出来事が。一緒に食事に出かけた元AKB48でタレントの高橋みなみさん(26)がツイッターで、クロちゃんのウソをバラしたのだ。

   クロちゃんは高橋さんの勧めで半ライスを頼んだとツイートしていたが、実際は自発的にライスを注文していたという。こうした高橋さんの告発を受けてクロちゃんは、「あーん、バラさないでー だって美味しそうだったんだもん!」と釈明。この一幕を見た森田氏は、

「なんで、たかみなちゃんには、正直にホントの事を白状するのに、私には嘘をつき続けるんですか?。とてもとても残念です」

と涙の顔文字付きで反応。その上で、「私としては、決して匙を投げず、クロちゃんとの信頼関係構築に努め、クロちゃんの健康のために、約30年の医師経験を生かして引き続き応援します」と改めて宣言していた。

「何にも響いていなかったんだな」

   しかし、クロちゃんの「ウソ」を疑い続けた森田氏の不安は見事に的中していた。1月29日放送の「名医のTHE太鼓判!」で、前回の番組後も不健康な食事を続けていたことが明らかになったのだ。

   この番組では、クロちゃんの血糖値の状況を「即入院レベル」だと指摘。あわせて、「2型糖尿病」「高トリグリセリド血病」「慢性じん臓病(CKD)」「高尿酸血病」「肝機能障害」「メタボリックシンドローム」の6つの生活習慣病だと診断された。

   出演者の丸田佳奈医師(36)は、前回の収録後に本人に生活習慣を改善するように本気で忠告していたことを明かした上で、

「何にも響いていなかったんだなと。本当に、私すごいショックで、医者としてみなさんに伝えたかったのが全然伝わってなかったんだな、というのが個人的にものすごいショックでした」

と涙目で訴えた。続けて、「本当にいつ倒れても、いつ亡くなってしまってもおかしくない」とも忠告していた。

   こうした医師からの忠告を受けて、クロちゃんは「死にたくないです!助けて、ねぇ本当に!」と訴えていた。一方の森田氏は、番組前日の28日のツイートで「番組を真摯にとらえ、命を大切にしてもらいたいです」と真剣に忠告。その上で、

「でも今回を契機に、通院してください。そして、番組、医師団、フォロワー皆で食生活、運動などを見守っていきたいです。嘘のツイートは厳禁です。正直になること」

と改めてウソを止めるように訴えていた。

「私は人を信頼して生きてきましたが...」

   こうした番組の放送後も、森田氏のツイッター上での指導は続いている。2月3日の深夜には、クロちゃんが「今日は少しだけ、お水飲みにきたしん!」としてコップを手にした自撮り写真をアップしたことに着目し、

「コップのフチに何か白い物が付いているように見えるが、生クリームか心配で眠れない」

と呟いた。

   4日には、新幹線で移動中に食べる夕食だというサラダの写真をアップしたクロちゃんに対し、森田氏は「箸やフォークが写っていないのが気になります。隠したコンビニ袋に、箸とフォーク、おにぎり、パスタが入っていて、通路側の席においてはいませんか?」と問いかけた。その上で、

「私は人を信頼して生きてきましたが、クロちゃん事件依頼、疑いやすい性格に変化し悲しいです」

と嘆いたのだ。

   さらに5日には、森田氏がまさかの行動に出た。六本木のラム肉店で夕食を取ったとして、「ラム肉と野菜だけたっぷり食べるしん」と報告したクロちゃんのツイートを見て、なんと店を直撃したのだ。森田氏は店に到着後の翌6日0時過ぎのツイートで、

「様々な証言からラム肉、野菜は食べてましたが、シャリ(ご飯)も小さい握りサイズで3つ食べていたようです。『ラム肉と野菜だけ』というクロちゃんのツイートは、『嘘』と診断します」

とバッサリ切り捨てていた。

「本当にいい人」「良い医者過ぎる」

   上記してきたように、2月7日まで25日間にわたってクロちゃんへの指導に悪戦苦闘してきた森田氏。クロちゃんにはしばしば「スルー」されながらも、度重なるウソにも負けずに熱心な忠告を続けている森田氏にツイッター上では、

「クロちゃんのことを真剣に考えてくださっているのですね、、、お疲れさまでした」
「森田先生が良い医者過ぎる ただ、ここまで指導してもらっても、クロちゃん自身が心入れ替えないとね」
「先生本当にいい人 クロちゃんに少しでも伝わってくれたらいいのに」

といった称賛のリプライが寄せられている。

   一方のクロちゃんは、2月6日にツイッターを更新。「ここ2週間ぐらい生活習慣改めて食べ物、意識など変えてみたので、おみくじ引いてみたら大吉出たしん!神さまは、みてるんだな。もっと頑張ろう」とポジティブにつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中