額賀氏、派閥会長退任の意向 後任に竹下氏で分裂回避

印刷

   自民党の額賀福志郎元財務相が2018年2月8日、自民党額賀派(平成研究会)の会長を退任する意向を固めた。退任を求めていた吉田参院幹事長に同日の会談で伝えた。各メディアが報じた。

   額賀派をめぐっては、所属する55人のうち参院議員21人が額賀氏の退任を要求するなど、派閥分裂の危機が続いていた。派閥の新会長には、竹下亘総務会長が就任する見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中