ドイツ、2大政党が連立で合意 3月にも新政権発足の可能性

印刷

   ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の社会民主党(SPD)は2018年2月7日(現地時間)、再び連立を組むことで合意した。社民党が政権参加の是非を判断する党員投票で賛同が得られれば、3月にも第4次メルケル政権が発足する。否決されれば、合意は白紙となり、再選挙の可能性が高まる。

   各メディアの報道によると、メルケル氏は7日、社民党のシュルツ党首らとの共同記者会見で「安定した政府を作る土台になる合意だ」と評価した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中