2018年 12月 14日 (金)

2018年は「演技も歌も」 LINE「胸キュン」CMの内田珠鈴さんに聞く

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

イベントでは自分と同じコーディネートの小学生がいっぱい

   ―― 今回のLINEのCMで知名度が上がりましたが、元々は小中学生向け雑誌「JSガール」専属モデルとして活躍していました。

内田 小学校6年生の時、大阪で行われた「JSガール」のイベントに参加して、そこで編集部の方に声をかけていただいたのがデビューのきっかけです。一般の子でもプロのカメラマンに撮影をしてもらえる、という内容でした。最初は読者モデルとしてのスタートで、すぐに専属モデルオーディションが始まり、そこで合格してから表紙に起用していただく機会が増えました。

   ―― 当時の芸能活動の様子を教えてください。

内田 撮影のたびに東京に出てきて撮影をして、という感じです。福岡では「普通の中学生」でした。中学受験もしました。小学校5年生の頃から毎日のように塾に通って勉強してましたね...。

   ――「雑誌で着たものがよく売れる」とも聞きました。自分のモデルとしての知名度を感じたことはありますか。

内田 イベントとかに出ると、私が着ている衣装を見て、まったく同じコーディネートを上から下からしている小学生がいっぱいいたりとか...。ファッション誌の企画以外の、ブランドが持っているページに起用していただく機会も多かったです。天神(福岡市の中心部)では、結構小さい子に声をかけてもらうこともありました。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中