2018年 8月 16日 (木)

平昌五輪の高梨と高木、かつての「天才少女」が「挫折」後の見事なメダル

印刷

   韓国・平昌で開かれている冬季オリンピックで2018年2月12日、女子ジャンプの高梨沙羅選手(21)がノーマルヒルで銅メダルを獲得した。前回ソチ冬季五輪では「ワールドカップ」の各大会で圧倒的な強さを見せ金メダルが確実視されていたが、重圧を前に4位に終わった。今季(2017-18)は「ワールドカップ」で1勝もできない不調続きだったが、底力を発揮、3位に食い込んだ。

   同日行われたスピードスケート女子1500メートル決勝では高木美帆選手が銀メダルを獲得。15歳でバンクーバー五輪に出場し、「スーパー中学生」といわれたものの、前回ソチ冬季五輪では代表から落選。失意の中で再起をめざし、念願のメダルを獲得した。スピードスケートでの日本女子の銀メダルは初。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中