2020年 1月 19日 (日)

北朝鮮、竹島なし統一旗に「失望」 党機関紙で韓国に「行動」求める

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ほほえみ外交」を展開していたはずの北朝鮮が、平昌冬季五輪で南北合同チームが使った「統一旗」をめぐり「失望した」と、韓国側を非難するかのような記事を機関紙に掲載した。

   今回の五輪では、政治的紛争を避けるために国際オリンピック委員会(IOC)が統一旗に島根県の竹島(韓国名・独島)を載せない方針を決定し、韓国政府もこれに従ったためだ。この決定の背後には「日本の反動層」がおり、韓国政府は「行動で独島を守る意志を示すべき」だと主張している。

  • また竹島問題が平昌五輪に影を落としている
    また竹島問題が平昌五輪に影を落としている

肩書不明の「シム・チョルウォン」なる人物の署名

   開会式では、南北合同チームが掲げた統一旗には竹島が入っていなかったが、北朝鮮応援団の統一旗は竹島入りだった。当初から北朝鮮側はIOCや韓国政府の方針に不満だったようだ。これが具体的に表れたのが、2月15日付けの朝鮮労働党機関紙・労働新聞に「独島は神聖な私たちの領土である」と対して掲載された記事だ。記事が掲載されたのは全6ページの労働新聞のうち6ページ目で、場所は左下。扱いとしては大きくない。肩書不明の「シム・チョルウォン」なる人物の署名が入っている。

   この記事では、開会式で「アリラン」が流れる中、南北の選手団が統一旗を手に入場行進したことを

「感動的な姿に世界が熱烈な拍手喝采と歓声を送った」

としながら、統一旗に竹島が入っていなかったことを

「国内外の全同胞の物足りなさと失望感をかもし出したことは言うまでもない」

と非難した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中