2018年 11月 15日 (木)

高梨沙羅のバッチリメイク論争に一石 峰麻美が「今年一番の衝撃」写真

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スキージャンプの高梨沙羅選手(21)が平昌五輪の女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得し、テレビ中継でも映ったバッチリメイク姿が改めて注目されたが、インターネット上では「濃すぎ」と揶揄するような声もある。

   そんな風潮に対し、マルチタレントの峰麻美さん(32)が「同じ歳の時のわたしの写真を見て落ち着いてほしい」と投稿した1枚が話題を集めた。

  • 「現在」の峰麻美さん。イングラムの2月7日の投稿から。
    「現在」の峰麻美さん。イングラムの2月7日の投稿から。
  • 高梨選手と「同じ歳の時」の峰麻美さん。ツイッターの2月14日の投稿から。
    高梨選手と「同じ歳の時」の峰麻美さん。ツイッターの2月14日の投稿から。

「高梨沙羅選手の化粧がどうこう言ってる人たちは...」

   高梨選手に対しては2018年2月12日の競技中からツイッター上で、「年齢からしても化粧濃すぎだし、スポーツする時に誰の目気にしすぎてるの?みたいに感じてしまうんだが」「年頃の女子とはいえ、競技にメイクは必要なのか疑問」「本人は満足してると思うけど、どうだか」などとメイク姿への茶々が入った。

   一方で「濃かったとして何があかんのやと」「全然普通だし可愛いと思う。濃いと感じたことはない」と諫める声もあり、ある種論争になっている。

   そうした中で一石を投じたのが峰さん。ツイッターに14日、

「高梨沙羅選手の化粧がどうこう言ってる人たちは、高梨選手と同じ歳の時のわたしの写真を見て落ち着いてほしいほんとに」

として公開した写真には、金と茶髪が折り重なったロングのドレッドヘアーに浅黒い肌、目元は淡いブルーのメイクが施された、かつての峰さんだという女性が写っている。さながらガングロ・ギャルを彷彿させる。

   高梨選手と同じ年齢の時というので10年以上前のようだ。ツイッターやインスタグラムでたびたびアップしている現在の峰さんの写真は色白でストレートヘアー、どちらかといえば「清純」なイメージを帯びており、あまりのギャップにユーザーは「今年一番の衝撃」などとコメント。16日昼までに約6000件の「いいね」を集めた。年頃の女性の姿を切り取った1枚には

「なんて素敵なツイートだろうか」
「気持ちのいいツイートをありがとうございます!」
「全く同感。20歳前後の女性のすっぴんに遭遇する率は、天然記念物の珍獣を発見するくらい低いわけで」

といった称賛の声も目立つ。

「あの時はこれが正解だと思ってたし楽しかったんだよ!」

   峰さんは続けて「あの時はこれが正解だと思ってたし楽しかったんだよ!」といい、

「ちゃんとそのうち自分に似合う化粧ってのがわかってくるから!(個人的には高梨選手のお化粧は濃いとは思わないし、似合ってると思うけどね)」

と経験談を語っている。

   高梨選手は16年春ごろから整えたメイク姿で公の場に出るようになり、あどけなかった10代の時と印象が変わった。競技中も欠かしておらず、W杯の試合のテレビ中継などで映るたびにネット上では冒頭のような「論争」が起きる。今回は五輪ということで一層多くの人の目に留まることになった。

   峰さんはサッカークラブの公式応援マネジャーなどでタレント活動中。スポーツに関心が高く、平昌五輪でもツイッターで応援を続けている。高梨選手が競技中の12日深夜も「さぁ、高梨選手がんばれっ!」「よしよしよし!!!」と投稿し、メダル獲得時は「高梨選手、銅メダル本当におめでとうございます」と喜んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中