2018年 11月 15日 (木)

「#こんなスリーパーセルはダメだ」 お笑い大喜利がトレンド入り

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   他国の潜伏工作員、いわゆる「スリーパーセル(スリーパー・セル)」をめぐる議論が続く中、ネット上でちょっとした珍現象が起きた。

   「#こんなスリーパーセルはダメだ」――そんなハッシュタグが、突如としてツイッターの「トレンド」(多くつぶやかれているキーワード)として浮上したのだ。

  • 画像はイメージです
    画像はイメージです

「職業欄に『スリーパーセル』と書く」「三浦瑠麗の大ファンだ」

   このハッシュタグは、あるユーザーが2018年2月15日深夜につぶやいたものが発火点とみられ、以後「大喜利」式に多くのユーザーが次々と投稿、一気に拡散した。

   タグがつけられたツイートには、

「職業欄に『スリーパーセル』と書く」
「空港で(YOUは何しに日本へ?)のスタッフに捕まる」
「『俺スリーパーセルだけど質問ある?』スレ立てて2chに降臨」
「添乗員『お客様のなかに、スリーパーセルの方はいらっしゃいませんか?』 SP『私がそうですが、どうかしましたか?』 機長『あいつを捕まえろ』」

といったおまぬけスパイ系から、

「『セルのおじちゃん』と近所では知らない人がいない人気者」
「短波受信機でラジオNIKKEIを聴いて競馬にはまり、週末の活動がおろそかになる」
「そんな奴、日本にいるわけないセルよ」

のようなほのぼのするもの、あるいは、

「日本企業に潜入して機会を狙っていたらブラック企業に過労死させられる」
「無職になってストロングゼロを飲んでいる」

というような世知辛い話、そして、

「三浦瑠麗の大ファンだ」
「ネットやテレビで『根拠がない』と言われたので、自分がスリーパーセルだということを公表してしまう」

など、元ネタにひっかけたネタまで、続々とツイートが集まっている。

「トレンド」欄に9時間近くランクイン

   日本版の「トレンド」欄では16日未明1時ごろからベスト10にランクイン、以後朝10時ごろまでおよそ9時間にわたり、上位を占め続けた。

   「スリーパーセル」については、2018年2月11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で国際政治学者・三浦瑠麗氏が言及したことをきっかけに勃発、特定の民族への「ヘイト」をあおるものとして批判が相次いだ一方、三浦氏らがこれに反論するなど、論争が続く。そんな微妙な問題もさっそくネタにするネット民の「たくましさ」に、

「三浦さん擁護批判に別れて殴りあいとなっていたTL見てたから、世間では割りとネタとして消費されてるっぽいのが垣間見れてちょっと和んだ」
「遂に大喜利のお題になってしまったスリーパーセル」

といった声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中