2018年 8月 17日 (金)

スペースワールド跡地、大型新施設へ イオンが2021年開業目指す

印刷

   イオンモール(千葉市)は2018年2月19日、17年末に閉園したテーマパーク「スペースワールド」(北九州市八幡東区)の跡地と周辺(約27万平方メートル)に計画する大型集客施設を、21年を目標に開業すると発表した。敷地を所有する新日鉄住金と16日付で土地賃貸借の仮契約を結んだ。

   イオンモールは、ショッピングや娯楽、文化、食を融合した施設を検討している。同社の発表によると、「北九州の新たな『ランドマーク』」を目指し、「国内外からの観光客の皆さまにもご来店いただける施設計画にしていく」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中