2018年 6月 23日 (土)

西宮市長が「退任願」提出 退職金減額条例案は見送りへ

印刷

   兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)は2018年2月19日、田中正剛・市議会議長に市長職の退任願を提出した。市議会は20日の定例本会議で退任願に同意し、今村氏の同日付の辞職が確定した。今村氏は体調不良を理由に、議場に姿を見せなかった。

   今村氏は1月の仕事始め式で、4月の市長選に立候補しない意向を表明。式後、取材しようとした読売新聞の記者に「殺すぞ」と発言した。市議会はこの問題を受け、2月20日の同会議で市長の退職金を3割減額する条例案を提出しようとしていた。この条例案が可決されないうちに今村氏が退任願の提出を急いだとの見方も出ている。今村氏の辞職を受け、条例案の提出は見送られる見通し。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中