2020年 7月 9日 (木)

首相官邸SNSの五輪メダル祝福、破顔の安倍首相なぜ登場 外国は選手画像が中心

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   平昌冬期五輪のメダルラッシュに対する首相官邸SNSの祝福投稿が、インターネット上で賛否を呼んでいる。

   スピードスケートの小平奈緒選手が2018年2月18日、女子500メートルで金メダルを獲得すると、首相官邸は同日夜、インスタとツイッター、フェイスブックにこんな祝福の言葉を投稿した。

  • 首相官邸のインスタグラム
    首相官邸のインスタグラム
  • 首相官邸のインスタグラム

「完璧にわかってる人がやってる...」

   「小平選手、おめでとうございます!前回の悔しい思いをバネに、4年間の努力を実らせた、オリンピック記録の圧巻の滑り。王者らしい、威風堂々の金メダルでした!」

   首相官邸は同時に、破顔一笑の安倍晋三首相が両手に「日の丸」の旗を持っている写真も掲載。「Congratulations!」の字幕と金メダルのスタンプが目を引く一枚だ。

   首相官邸SNSのそんな「ポップ」な投稿は、以前からネットの一部で話題になっていた。平昌五輪開幕後も「いよいよオリンピック」「がんばれニッポン」「Congratulations!」との字幕や、日の丸や拍手のスタンプ......と見た目にこだわった結果、さらに注目を集めることに。インスタでは「ストーリー」機能を字幕付きで駆使しており、ツイッターでは、

「首相官邸のインスタ誰がやってるんだろう...なんかすごくよく分かってる人がやってる気がする」
「首相官邸のインスタ完璧にわかってる人がやってる...」

と驚きの声が続出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中