2018年 11月 13日 (火)

「8.6秒バズーカー」が「遂に真相を...」 新動画で「あの騒動」振り返る

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ラッスンゴレライ」のネタで大ブレイクしたお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」が、このほど自身の公式YouTubeアカウントに1本の動画を投稿した。

   その内容は、ブレイク時にネットで騒がれた「疑惑」に関する「真相」だ。

  • イベントに参加した2人(2018年2月21日撮影)
    イベントに参加した2人(2018年2月21日撮影)

8.6秒は「はまやねんさんの50m走のタイム」

   2018年1月19日に投稿された動画「遂に真相をお話します。。。」には、お笑いコンビ「しずる」の2人とともに、「8.6秒バズーカー」のはまやねんさんと田中シングルさんが登場。15年中ごろから浮上した、ある「疑惑」に関して釈明した。

   いわく、「ラッスンゴレライ」とは、爆弾投下の号令である「落寸号令雷」を意味している、コンビ名の「8.6」も広島への原爆投下日を指している、サングラスはマッカーサーを意味している......など、様々な疑惑が浮上。こういった疑惑について田中さんは今回の動画で、

「まず僕たち、超アホじゃないですか」

とし、まず伏線を回収するような芸当が出来れば、もっと面白い漫才が作れていると述べた。そのうえで、「ラッスンゴレライ」とは、「何の意味もない思いつきワード」にすぎず、深夜のノリで適当に考え付いたものだと説明。

   また、「8.6秒」というのは、はまやねんさんの50m走のタイムであり、サングラスも緊張で目が泳ぐのを隠すためだといい、ネット上に浮上した疑惑について、いずれもデマだとした。

   しかし、それらの疑惑を放置してしまったことで、噂がネット・SNSなどを中心に拡大。ネットでは「日本から出ていけ」などという批判が寄せられることとなり、出演番組のスポンサーにも苦情が寄せられるに至り、テレビ出演の回数は急激に減っていったという。

   17年には4回しかテレビ出演せず、そのいずれも、はまやねんさんの不倫が雑誌「FRIDAY」(17年 2月 10日号・講談社)に報じられたことを受けたもので、お笑いに関するものではなかったという。

「しくじり先生出てほしい(笑)」

   コメント欄には、

「今更感が凄い。言い訳のネタ集めでもしてたのか、仕事が無さすぎて釈明をしたのか...」
「偶然にしては出来すぎてる気がするんだよなw」

と、批判的な声も一定数寄せられる一方、

「しくじり先生出てほしい(笑)」
「テレビめっちゃ出てほしいです!!!」
「ハチロク普通に好きだけどなー。実際ここまで叩かれた意味がよくわからん」

など応援する声も見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中