2018年 9月 21日 (金)

F16戦闘機、湖上に燃料タンク投棄で飛行停止要請

印刷

   青森県三沢市の米軍三沢基地に所属するF16戦闘機が、2018年2月20日、離陸直後にエンジン火災を起こし、飛行場北側にある小川原湖(東北町)へ燃料タンク2基を投棄した。タンクとみられる物体はシジミ漁船から200~400メートルの距離に落下し、漁協は燃料の油が回収されるまでは湖での漁を見合わせることを決めた。蛯名鉱治東北町長は、原因が究明まではF16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れた。

   菅義偉官房長官は21日午前の会見で、今回の事案について「あってはならないこと」としたうえで、政府からは安全管理の徹底、原因究明などを行うように米側に申し入れを行ったとした。今後、事故による被害が確認された場合には適切に対応すると述べた。

   タンクの回収の日程のめどについては、確認しだい、関係自治体への情報提供を行うとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中