2018年 7月 20日 (金)

新元号は「羽生」がいい!? ツイッターで拡散、「アリ」続々

印刷

   平成が2019年に終わることが決まり、人々の間では次の元号についての大喜利が繰り広げられているが、その中でも特に人気のある2文字が「羽生」のようだ。

   名前の読み方は異なるものの、近年の将棋の羽生善治竜王と男子フィギュアの羽生結弦選手の2人のめざましい活躍に、その名前を新元号にすることは「アリ」ではないか、という声が相次いでいるのだ。

  • 新元号は「羽生」がいいとの声多数(画像はイメージ)
    新元号は「羽生」がいいとの声多数(画像はイメージ)

「生活に深く根ざす」の条件はクリア?

   新元号を巡っては、安倍晋三首相は1月、「日本人の生活に根ざすもの」と発言している。こうしたポイントも踏まえ、ツイッターでは、

「新元号『生活に深く根ざすもの』なの??『白米』とかかな??」
「懲役とかにしてもらって懲役2年みたいなカレンダー見たい」
「中国起原で、二文字で、日本の生活に深く根ざしたものを考えた結果、新元号は『拉麺』」しかないという結論に至りました」
「首相いわく新元号は『親しみのあるもの』らしいので『西暦』一択だと思う」

など大喜利状態が続いている。

   そうした中、17年には羽生善治竜王が竜王戦を16年ぶりに制して永世竜王となると同時に、史上初となる永世7冠を獲得。また、史上最高得点の保持者であり、18年の平昌冬季五輪では66年ぶりとなる連覇を成し遂げた男子フィギュアの羽生結弦選手という2人の「羽生」の活躍を受けて、ツイッターには同時多発的に「新元号は羽生」という投稿が現れた。

   漢字表記は羽生竜王の場合は「はぶ」、羽生選手の場合は「はにゅう」と読みは異なるが、2人の「羽生」はその活躍が逐一報じられ、前述の「生活に根ざす」の条件を満たすためか、

「新元号は羽生でよくね?って言ってるの聞いて ありありのありだなって思った」
「平成終わるのやだけど 新元号羽生なら喜んで受け入れるってか羽生○○年生まれって名乗るために生まれなおしたい」
「新元号 ・国民に広く根ざしたもの ・国の希望となるもの ・小学生でも読み書きできるくらいの簡単さ ・二文字 『羽生』」
「新元号『羽生』ならもう1人産みたいかもな」
「新元号、羽生でもイイわw 日本でスゲーの二人も出とるし」

といった反応が寄せられている。Yahoo!リアルタイム検索を「羽生 元号」で検索すると、羽生選手が金メダルを獲得した17日以降、4000件近くのツイートがヒットする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中