2018年 9月 19日 (水)

「佐藤の分まで金メダル」 高木インタビューに感動の嵐

印刷

   平昌五輪スピードスケート女子マススタート決勝が2018年2月24日に行われ、高木菜那選手が金メダルを獲得した。

   「佐藤の分まで金メダルを取りに行くぞという気持ちでやって」――。高木菜選手がレース直後のインタビューで述べたチームメイトへの思いが感動を呼んでいる。

  • 平昌五輪出場を報告していた高木菜那選手のツイッター2017年12月31日の投稿
    平昌五輪出場を報告していた高木菜那選手のツイッター2017年12月31日の投稿

「2人でワンツーフィニッシュを狙っていた」

   今大会から行われるようになったマススタートは、準決勝12人、決勝16人が一斉にスタートして400メートルのリンクを16周する種目。高木菜選手は準決勝を5位で通過し、決勝は大混戦の中で初代女王の座を獲得した。パシュートに続いて自身2個目の金メダル。1大会で2個の金は、1998年長野五輪のスキージャンプ・船木和喜選手以来20年ぶりの快挙となった。

   金メダル獲得直後のインタビューで高木菜選手は「この種目が始まってから銀メダルや銅メダルと表彰台にのぼったことはあったんですけど、金メダルという一番高いところにのぼったことはなかったので、最高の舞台で一番高いところに立ててうれしいです」と語った。終盤の追い上げについて「オランダ勢が2人いたので、作戦的に2人で最後しかけてくると思ったので、イレーネ選手の後ろについて狙えるところで狙っていこうと考えていました」と狙い通りの展開だった。

   競技の準決勝ではもう1人の日本代表、佐藤綾乃選手が転倒。2人で決勝に進むことは叶わなかった。高木菜選手はインタビューで

「1回目で佐藤が転んでしまったので、2人でワンツーフィニッシュを狙っていたんですけど、佐藤の分まで金メダルを取りに行くぞという気持ちでやって、パシュートでもメダルを取れたので落ち着いて、マススタートに挑めたなと思います」

と仲間への思いを語っている。

   優勝直後に出たこのコメントにツイッター上では

「準決勝で転倒してしまった佐藤選手の分もって最後に振り切って初代女王になったことにやっぱりチームの大切さを感じる」
「佐藤の分まで金メダル取りに行くぞ!!って思って取れる高木菜那カッコイイ」

といった感動の投稿が続出した。

モーグル原大智「やっぱりオリンピックって素晴らしい!」

   高木菜選手はインタビューの最後に「最初のレースは悔いの残るレース(編注:5000メートルで12位)をしてしまって本当に申し訳なかったんですけど、残り2本のレースで自分の最高の滑りができて、最高の五輪にできたので本当に良かったと思います」と安堵していた。

   平昌五輪のスキー男子モーグルで銅メダルを獲得していた原大智選手もツイッターで24日、

「最近忙しくてオリンピック見れてなかったけど、今オリンピック始めてライブでメダルを取る瞬間を見た!!! やっぱりオリンピックって素晴らしい!!!自分はやってないのにハラハラする笑笑 高木菜那さん20年ぶりの快挙おめでとうございます!」

と興奮気味に祝福。

   陸上十種競技の元日本王者でタレントの武井壮さんも「高木菜那ちゃん嬉しそう!! やったね!!」と喜んでいた。

    高木菜選手は、今大会で金・銀・銅メダルを獲得している高木美帆選手を妹にもつ。姉妹で大活躍の五輪となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中