2018年 9月 21日 (金)

設楽悠太、報奨金「1億円」にネット大注目 東京マラソン16年ぶり日本新でゲット!

印刷

   12回目を迎えた東京マラソンが2018年2月25日開催され、設楽悠太選手が日本新記録で2位に入り、日本人トップでゴールした。

   快挙達成で祝福ムードに包まれるなか、注目を集めているのは日本記録突破の報奨金「1億円」。日本記録は「正直狙っていなかった」というが、1億円は設楽選手のパワーにもなったようだ。

  • 設楽悠太選手が日本新記録を樹立(画像はホンダ陸上競技部公式サイトより)
    設楽悠太選手が日本新記録を樹立(画像はホンダ陸上競技部公式サイトより)

沿道から「1億円取ってこい」

   優勝は2時間5分30秒でゴールしたケニアのディクソン・チュンバ選手。ハーフマラソンの日本記録を保持する設楽選手は、2時間6分11秒で2位だった(タイムはいずれも速報値)。2002年に高岡寿成選手がマークした日本記録を16年ぶりに更新する快挙を成し遂げた。

   日本実業団陸上競技連合は2015年に、2020年の東京五輪で日本選手のメダル獲得を目指した施策として、陸上競技で日本記録を更新した選手に1億円を贈る報奨金制度を創設している。

   そのため、ツイッター上では日本記録を打ち立てたことへの祝福と同時に、

「日本記録更新!!!!!!(1億おめでとう!)」
「日本新記録おめでと!1億GETおめでとうおめでとう」
「日本記録を更新!1億円ゲット!!!」
「日本記録!!1億かぁ。凄い!」

など、「1億円」に大きな注目が集まった。

   1億円パワーは設楽選手の励みにもなったようで、ゴール後のインタビューでは

「最後まで(沿道から)『1億円取ってこい』って声を掛けてくれた方々がたくさんいたんで、しっかり頑張ることができました」

と述べていた。

   なお今回のレース結果により、設楽選手のほか、井上大仁選手、木滑良選手、宮脇千博選手、山本憲二選手、佐藤悠基選手の6人が、男子の2020年東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(GC)」出場権を獲得した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中