2018年 9月 22日 (土)

「慰安婦合意は履行せず」を国際宣言? 韓国外相が国連で言及した内容

印刷

   慰安婦問題について「国際社会で互いに非難・批判することは控える」としていた2015年末の日韓合意が風前の灯火だ。

   韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が、スイス・ジュネーブで2018年2月26日(現地時間)に始まった国連人権理事会の定例会合で、慰安婦合意は「明らかに被害者中心のアプローチに欠けていた」と言及したためだ。日本を名指しすることは避けたものの、発言自体が合意違反にあたる可能性があり、韓国メディアは「現政権が国際社会に対して実質的に慰安婦合意を履行しないという立場を明らかにした」と解釈して報じている。

  • 2015年の日韓合意が履行されることはあるのか(写真は外務省ウェブサイトから)
    2015年の日韓合意が履行されることはあるのか(写真は外務省ウェブサイトから)

日韓合意は「明らかに被害者中心のアプローチに欠けていたことを謙虚に認める」

   日韓合意の文言では、日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府が

「可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する」

とする一方で、

「韓国政府は、今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で、日本政府と共に、今後、国連等国際社会において、本問題について互いに非難・批判することは控える」

とも明記されていた。ところが康氏は会合で、

「韓国政府は、以前の問題解決に向けた努力は、明らかに被害者中心のアプローチに欠けていたことを謙虚に認める」
「韓国政府は、被害者の傷を癒し尊厳と名誉を回復するため、被害者や市民団体と協力していく」

などと言及した。

「現政権が国際社会に対して実質的に慰安婦合意を履行しないという立場を明らかに」?

   中央日報は、発言について

「慰安婦合意以降、国際舞台で慰安婦問題について政府の立場を明らかにしたのは初めてだ。これまで韓国政府は2015年12月の慰安婦合意の内容に基づいて、国連などの国際舞台で慰安婦問題に言及しなかった」

と解説。韓国政府が方針を転換して合意破りに踏み切ったとの見方をにじませた。

   他の韓国メディアには、合意を履行しないことを国際社会に宣言した、と見る向きもある。

「康氏の発言は、現政権が国際社会に対して実質的に慰安婦合意を履行しないという立場を明らかにしたものだと解釈される」(朝鮮日報)
「康氏は今回の演説で、当時の合意で『慰安婦』問題が解決されることがないことを国際社会に明らかにした」(ハンギョレ)

   菅義偉官房長官は2月27日午前の記者会見で、康氏の発言を

「我が国としては受け入れることはできない」

と批判。在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の伊原純一大使が韓国側に抗議したとしながら、

「日韓合意は国と国の約束だ。たとえ政権が変わったとしても責任を持って実施しなければならないことは、国際的に、かつ普遍的に、そうした原則であることは申し上げるまでもない」

などと改めて合意の履行を求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中