2018年 5月 23日 (水)

「バカマツタケ」の人工栽培に初成功

印刷

   奈良県森林技術センターは2018年2月27日、マツタケ近縁種の「バカマツタケ」(正式和名)の人工栽培に全国で初めて成功したと発表した。

   公式サイトに掲載された発表文によると、人工的に林内でバカマツタケ菌を増殖させ、きのこを発生させることに成功。今年1月19日には特許を出願した。今後は栽培技術を確立し、県内のきのこ生産者に技術を普及したいとしている。

   バカマツタケはマツタケとほぼ同じ見た目と食味だが、香りはより強い。松林に生えるマツタケと異なり、広葉樹の根に菌根を形成する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中