2018年 11月 15日 (木)

小池都知事、謎の「マ」案推しに記者困惑 五輪マスコット採用の裏で珍場面が

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   平昌冬季五輪の興奮冷めやらぬ2018年2月28日、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを彩る公式マスコットキャラクターが決定した。

   マスコットキャラクターは17年12月7日に3つの最終案が発表され、同月11日から18年2月22日までの期間、小学生による投票で選考作業が進んでいた。

  • 「ア」が正式なマスコットに(東京2020)
    「ア」が正式なマスコットに(東京2020)
  • 小池氏「マ」案の元ネタは新聞広告のマツコ・デラックスさん
    小池氏「マ」案の元ネタは新聞広告のマツコ・デラックスさん

J-CAST読者投票でも1位だった

   最終案として提示されていた3つそれぞれオリンピックとパラリンピックの2種類ずつで、「ア」が「伝統の市松模様と近未来的な世界観」と「市松模様と桜」、「イ」が「福を呼ぶ招き猫や神社のキツネ」と「神社の守り神である狛犬」、「ウ」は「キツネに日本古来の勾玉を組み合わせて」と「日本古来の化けるタヌキ」をモチーフにデザインされている。

   発表直後は、「ア」はポケモン、「イ」は手塚治虫作品、「ウ」は妖怪ウォッチといった既存の作品を想起させる、といった反応があったが、小学生の手に決定権が委ねられたことで注目を集めていた。

   マスコットの発表は予告通り18年2月28日に行われ、223の自治体の小学校1万6769校からの投票を経て、「ア」案が選ばれた。

   J-CASTニュースでも独自に3案の人気をアンケート調査していたが、そちらでも「ア」案の人気は高く、28日までに集まった3454票中48.35%と半数近くからの支持を得ている。老若男女問わず受け入れやすいデザインであるようだ。

   今後、このマスコットは国内外でのPRを始め、開会・閉会式などに参加し、グッズ化などもされるという。

   名前は夏ごろに決定するとしている。

小池都知事肝いりの「マ」案とは?

   そんな中、東京都の小池百合子都知事は

「可愛くてかっこいいのが決まりましたね」

と感想を語りながらも、

「私は『マ』もよかったなぁ、と思っているんですけれども...」

と謎の「マ」案推しを表明し、周囲の記者を困惑させるシーンが28日の「ゴゴスマ」(CBC、TBS系)で放送された。

   小池氏の言う「マ」案とはマツコ・デラックスさんのことで、18年1月31日付の朝日新聞と毎日新聞、2月1日付の読売新聞に掲載された投票を促す広告に載っていたものだ。

   可愛らしいキャラクターにマツコさんが並んでいる様子はインパクト強いが、当然、

「【マ】には、投票できません」

と注釈がつけられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中