2018年 9月 22日 (土)

「貧困は自分のせい」の桂春蝶がTV出演 総攻撃うけ「公開処刑のよう」

印刷

   「この国での貧困は絶対的に『自分のせい』」とツイートし「大炎上」した落語家の桂春蝶さん(43)がテレビ番組に出演した際、スタジオの芸能人パネラーたちが始めから謝罪ありきで春蝶さんを総攻撃をした、として「リンチのようだ」とファンらから悲鳴の声があがった。

   ただし、春蝶さんには反論の機会が何度も与えられていた。しかし、メモに頼ったり、説明の意味が分からなかったり、怯えて涙目になるなど、自滅しただけの「自己責任」だとの指摘も出た。落語家の立川志らくさんはツイッターで、「春蝶謝っちゃえ」とアドバイスしている。

  • 立川志らくさんのツイッターより
    立川志らくさんのツイッターより

「つるし上げにしか見えませんでした!!」

   春蝶さんが出演したのはフジテレビ系「バイキング」(2018年3月1日放送)。ツイッターではこの放送を見た人から、

「まるで公開処刑のようでしたね。 あれでは言いたいことの1パーセントも伝えられない。 よく、その中で話されましたね!」
「ツイッターの文面の意味を説明して貰うために来てもらったんじゃなくて 非難する為に呼んだって感じが嫌ですね」
「同じく!つるし上げにしか見えませんでした!!」

などといったツイートが出た。

   「大炎上」したのは2月20日のツイート。世界中の人が憧れるこの日本で貧困問題をいう人々はかなりの強欲か世間にウケたいだけだ。日本ではどうやっても生きて行けるし生活保護もある。自分の貧困を政府のせいにする暇があるならまともな一歩を踏み出してほしい、として

「この国での貧困は絶対的に『自分のせい』なのだ」

と主張した。これが、貧困は自分の努力だけでは抜け出せないものもある、と大ヒンシュクを買った。

   番組で春蝶さんは、命にまつわる落語を創作するために多くの取材をしてきた、とし、日本の生活保護の実態をメモしたものに目を通し、税金などの数字を読み上げた。後にこのメモは司会の坂上忍さん(50)に、自分の言葉で説明するようにと取り上げられる。スタジオのパネラーたちからは、上から目線の強制はいけない、説明なしでは意図が伝わらないツイートだ、なぜブログで詳しく書かなかったのか、春蝶さんは若い頃に貧しかったと主張しているが夢を追いかけている人の貧困は貧困ではない、などと総攻撃を受け怯えた表情になり、目は涙目だった。

   坂上さんはそんな春蝶さんに対し、公の場で発言することは責任を伴うわけだから、こうしたパネラーの意見に「引く事なく」、自分の考えを押して行くべきだ、と注意をした。春蝶さんは、自分はツイッターの使い方がよく分からず未熟だった、としたが、「引いてはいない」とし、

「(貧困問題は)自分のせいだと思うところから始めるべき、という考えは変わらない。謝罪も訂正もしない」

とした。

立川志らく「人を傷つけたならすぐ謝っちゃう。春蝶謝っちゃえ」

   番組を見た人たちのツイートにあるように、追い詰められて怯え涙目になるあの春蝶さんを見れば、「公開処刑」「吊し上げ」という感想を持つ人もいておかしくはない。しかし、番組では次のコーナーを割いてまで春蝶さんの意見を聞く時間を作った。でも、春蝶さんはそれに応えられなかった。そのため、春蝶さんが追い詰められたのは「自己責任」であり、「自爆」と思っている人も結構多い。また、春蝶さんはツイートの意図について、

「日本と日本の国民性は素晴らしく、世の中がおかしいと言ったところで仕方ない。だからでこそ、どんな時でも、人間は誰でもやればできる」

とツイッターで述べている。これを番組で押せばよかったのに、生活保護や不正受給の話ばかりしていた意味がわからない、といった意見もあった。番組終了後に春蝶さんは、

「バイキングのあの『アウェー感』を感じた後の高座は、天国のように楽でした。笑 そしてめちゃくちゃウケました」

と強気のツイートをした。落語家の立川志らくさん(54)は、番組放送後の3月1日にツイッターで、

   落語家は自分を含めて基本馬鹿で、芸の事しか分からないし、自分の言っている事は間違っていると思っている、とし、

「私は芸能の事は絶対に引かないが他の事ならましてや人を傷つけたならすぐ謝っちゃう。春蝶謝っちゃえ」

とツイートした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中