2018年 9月 21日 (金)

沖永良部島で空自ヘリから部品が落下 約31キロの貨物ドア

印刷

   航空自衛隊は2018年3月6日、同日18時48分ごろ、那覇基地所属のヘリコプター「CH-47J」が沖永良部島の基地付近を飛行中、後部の貨物ドアが落下したと発表した。ドアの大きさは縦160センチ、横240センチ、厚さは4cmほどで、重さは約31キロ。その後ドアを捜索した結果、7日の6時55分ごろ、沖永良部島分屯基地のヘリポートから南東に約200メートル離れた草地で発見された。けが人は確認されておらず、落下した原因などについては調査中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中