2018年 9月 21日 (金)

羽生結弦のスケート靴が一時は3500万円超 不正入札で仕切り直しもすでに500万円突破

印刷

   チャリティーオークションに出品され、3500万円を超える額が付けられた男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が使用したスケート靴が、不正な入札が相次いだとして出品が一時停止された。

   しかし、2017年3月6日の再開後には順調に入札されて500万円を突破しており、3500万円には及ばないものの高い金額が付けられている。

  • 羽生結弦選手(写真は2018年2月27日撮影)
    羽生結弦選手(写真は2018年2月27日撮影)

東北3県の被災学校への支援

   このオークションは、2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災した東北3県の学校支援を行う「ウェブベルマーク協会」が主催するもので、著名人を起用したチャリティー企画として2018年3月5日から開かれている。

   羽生選手のスケート靴が最初に出品された際は、元フィギュアスケーターの鈴木明子さんや歌手の研ナオコさんの私物への入札額が数万円にとどまる一方、わずか1日で3500万円を超えるほどの入札が殺到した。

   しかし、多数の入札を受けたものの「事務局にご連絡がない高額な入札」(商品説明欄より)だったため出品を停止し、開始価格1円から再度スタートしたという。

   50万円以上の入札をする際は、入札前にメールでの連絡が必須であり、その際には名前を始め、住所や電話番号などを伝える必要があるのだという。

   しかしながら、再スタート後も入札の勢いは変わらず、2018年3月7日20時現在、入札件数は697件、価格は500万4000円まで上がっている。オークション終了は11日とまだ時間があるため、ここから更に上がる可能性が残されている。

デロリアンより高いスケート靴

   ヤフオク上で開かれたチャリティーオークションで極端な高値が付いた例は過去にもあり、2016年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンが出品した映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するタイムマシン「デロリアン」の実物大レプリカが、一時は100億円近くまで高騰したことがある。

   しかし、こちらも羽生選手のスケート靴と同様に不正な入札とみなされてオークションは仕切りなおされ、最終的には460万1000円で落札された。

   「BTTF」は今も多くのファンを抱える映画で、そのシンボルであるデロリアンのレプリカよりも羽生選手のスケート靴に高額が付けられているのは、現在の羽生選手の人気の高さの証明と言えそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中