2018年 11月 15日 (木)

「産まれた直後、第一声が『ありがとう』」 押切もえ、第1子出産に明かした感慨

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   モデルの押切もえさん(38)が第1子を出産したことをインスタグラムで報告し、ファンらから祝福の声が相次いでいる。

   「この度、新しい家族を無事に迎えることができました。とても元気な赤ちゃんです」。押切さんは2018年3月7日、インスタグラムを更新してこう切り出した。

  • 押切もえさん(写真は2008年撮影)
    押切もえさん(写真は2008年撮影)
  • 投稿された赤ちゃんの写真
    投稿された赤ちゃんの写真

「感謝と喜び、愛おしさで涙が溢れました」

   写真もアップされており、赤ちゃんのかわいい手が母親らの指をしっかりと握っている。押切さんは、そのちっちゃな手に感動したらしく、こう続けた。

「産まれてきた我が子と初めて対面し、高らかな産声を聞いた瞬間は、感謝と喜び、愛おしさで涙が溢れました」

   そして、夫でプロ野球・ロッテの涌井秀章投手(31)と3人家族になったとし、「たくさんの方から励ましの声をいただき、この日を迎えられたことを心よりお礼申し上げます」とつづっている。

   押切さんは、7日のブログでも、同様な文章を投稿しており、今後は、インスタやブログ、「たまごクラブ」連載ページなどで出産のことを伝えていきたいとしている。赤ちゃんの性別については、まだ触れていない。

   ファンらからは、「おめでとうございます」「我が子の誕生は本当に感動しますね」といった祝福の言葉が次々に寄せられている。

   押切さんは、インスタのコメント欄で、友人とみられる人にお礼の返事を1つ1つ出しており、その中で「私も、産まれた直後に出た第一声が『ありがとう』でした」「今思うと破水した時のLINE笑える」「落ち着いたら会いに行かせてね」と楽しそうに書き込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中