2018年 9月 22日 (土)

伊調パワハラ「学閥」説に異論 須藤元気氏「日体大同士でも仲悪い人はいます」

印刷

   日本レスリング協会の栄和人・強化本部長が伊調馨選手にパワハラをしていたとの告発状が提出された背景に、「学閥闘争」が潜んでいるとの説が浮上した。

   栄氏が監督をつとめる至学館大学と、告発状に協力した田南部力コーチらの出身大学である日本体育大学との対立構図だ。だが、告発状を提出した貞友義典弁護士は、この学閥争いの線を「バカげた論調」と一蹴している。

  • 伊調馨選手と栄和人監督
    伊調馨選手と栄和人監督

「『日体大のクーデターではないか』というバカげた論調がありますが」

   レスリング界をめぐる「学閥闘争」は、週刊新潮2018年3月8日発売号(15日号)が報じた。女子で一強体制の至学館を、男子の強豪である日体大勢が快く思っていないというのだ。そこに、栄氏と確執がある「伊調選手の従兄弟と称するI・T氏」が、日体大OBに栄氏失脚の協力を仰いだのではないかとし、「至学館vs.日体大という権力闘争が潜んでいるのが透けて見える」と論じた。

   告発状に関わった田南部氏と安達巧氏は、いずれも日体大OB。アテネ五輪銅メダリストの田南部氏は東京で伊調選手を指導したコーチで、バルセロナ五輪代表の安達氏は日体大レスリング部の監督もつとめていた。また、新潮では「協会の幹部」の話として、これまた日体大OBの佐藤満・専修大学レスリング部ヘッドコーチを、現在栄氏が就いている協会の強化本部長に推す動きがあるとも報じている。

   ところが、告発状を提出した貞友弁護士は首を傾げる。8日放送の「ビビット」(TBS系)で学閥について聞かれ、「たまたまA氏(田南部氏)もB氏(安達氏)も日体大(OB)ですが、私は少なくとも日体大から頼まれていません。『日体大のクーデターではないか』というバカげた論調がありますが、『日体大のために告発してくれ』と言われたら絶対にやっていません」と真っ向から否定した。

「裏で糸を引いている人」

   OBといえば、栄氏も日体大のOBだ。番組では、拓殖大学レスリング部と学生レスリング日本代表の監督・須藤元気氏が出演し、「この学閥みたいなのは無いのかなと僕は思いますね。日体大同士でも仲悪い人はいますからね」とし、「(貞友)弁護士の言う通りだと思います」と頷いた。

   ただし須藤氏は、「協会内での大学による権力闘争」という点では異なるとしつつ、「何かしらの権力闘争は少なからずあるとは思いますが、誰か『裏で糸を引いている人』が騒動を複雑にしている感じもします。(I・T氏)ではない人で、何か『絵』を描いている人がいるのかなと。あくまで僕の推測ですが」との見解を示した。その上で、「どこの組織でも権力闘争、派閥抗争というのはあると思います。その中でうまく落としどころを作って仲良くやっていくのが、成熟した組織・社会です。そのあたりでレスリング界は難しいところだと思います」と憂えていた。

   須藤氏は7日の「スッキリ」(日本テレビ系)でも、一連の問題は協会内の「(内部抗争)に近いと思います」との見解を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中