2018年 7月 23日 (月)

選手に「金メダル大喜利」強いるメディア 五輪報道にマツコ&有吉が苦言「毎回同じことを...」

印刷

   タレントのマツコ・デラックスさん(45)とお笑い芸人の有吉弘行さん(43)が、試合直後のスポーツ選手を取材するメディアに対して、「選手たちを酷使している」などと苦言を連発した。

   2人がスポーツ取材の在り方について語ったのは、2018年3月7日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)でのこと。番組中には、有吉さんが五輪選手へのインタビューを「金メダル大喜利」と揶揄する一幕もあった。

  • 有吉さん(左)とマツコさん(右)がメディアに苦言
    有吉さん(左)とマツコさん(右)がメディアに苦言

「何社も何社も同じ質問されてさ...」

   番組では、「今どきはアスリートも頭が良くないと成功しないの?」という視聴者からの疑問を紹介。投稿者は、最近は若くてもインタビューの受け答えがしっかりとしている選手が多いように感じるため、このような疑問を抱き始めたのだという。

   こうした視聴者からの疑問について有吉さんは、

「だってちゃんとしてなきゃすぐ文句言われるじゃん。金メダルを獲っても、態度が悪いって総叩きするようなバカがいるんだから、そりゃ嘘でもちゃんとするよ」

とまず一言。近年は選手側も幼い頃からメディア対応などの教育を受けているはずだとして、「頭がいいとかじゃなくて、お前らのせいでそうなってんだ」と切り捨てた。

   こうした意見に大きく頷いたマツコさんは、メディアへの対応に追われるスポーツ選手について、

「もうやりたくないよ皆。オリンピックで金メダル取ったら、何社も何社も同じ質問されてさ...」

とポツリ。これには、有吉さんも「やっぱり、そっち(メディアへの受け答え)もトレーニングしてるってことだよね」と同調していた。

   さらにマツコさんは、自由な発言や変わったキャラクターが受け入れられ辛い状況があるなどとして、「(スポーツ選手は)本当かわいそう」とも。その上で、

「テレビ局は毎回やってることと同じことを求めて選手たちを酷使して、もういい加減そこから変えてけよって思う。メディアから変わっていけばって思う」

と提言した。これには有吉さんも「オリンピック選手でさえ失言して叩かれる。叩かれるってなんだよ」とも不満を語っていた。

「インタビューだけは1社に」

   こうした話題の中で、マツコさんは「インタビューだけは1社に!」とも力説。平昌五輪を例に挙げつつ、

「羽生(結弦)くんと宇野(昌磨)くんはココがやってください、じゃあ誰々さんはココ、でよくない?気の利いたこと聞くかと思えば、別にそうでもないからさ」

と声を荒らげながら語った。

   メディアの選手インタビューをめぐっては、有吉さんも「『その涙の意味は?』って聞かれても『はい?何言ってるんですか?』。本当だったらそうだよ」とレポーターの質問内容に苦言。こうした質問についてマツコさんは、

「酷かったよね。それって、(選手に対して)そちらも乗っかって下さいよという質問じゃん。それをね、金メダル取った直後のアスリートに聞くって、なかなかだよ」

とコメント。これを受けて有吉さんも、「(選手に)すぐ大喜利させてんだからね。金メダル大喜利。凄いと思うよ、偉いよスポーツ選手は」と皮肉っていた。

   こうした2人の指摘は視聴者から大きな共感を呼んだようで、ツイッターやネット掲示板には、

「金メダル大喜利。確かにそんな感じ」
「ほんと、アスリートへの対応は見直すべきと思う」
「インタビューは、合同ですべきだよね。選手は早く帰って寝たいよ」

といった書き込みが相次いで寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中