2018年 5月 26日 (土)

受動喫煙対策「健康増進法改正案」閣議決定 小規模店は対象外

印刷

   政府は2018年3月9日、受動喫煙対策の強化を盛り込んだ「健康増進法」の改正案を閣議決定した。

   焦点となっていた「飲食店は原則禁煙」の部分については、資本金が5000万円以下で客席面積100平方メートル以下の既存店に限り、「喫煙可」などの標識を掲示すれば例外的に認める。

   政府は今国会に改正案を提出し、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月から全面施行を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中