2018年 9月 22日 (土)

「桃太郎は鬼退治じゃなくて話し合ってほしい」 小倉優子のテレビ発言に「鬼なめすぎ」の声も

印刷

   桃太郎の昔話について、タレントの小倉優子さん(34)がバラエティ番組で嫌悪感を示す一幕があった。

   これに対し、ネット上でツッコミが相次いでいる。

  • 小倉優子さん(写真は、2009年撮影)
    小倉優子さん(写真は、2009年撮影)

「鬼退治に行こうって子供が思ったら、やだな」

   2018年3月6日夜放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」では、子持ちのタレントらが出演し、子供に読み聞かせる絵本の話になった。そこで、桃太郎の昔話が話題になると、司会の明石家さんまさん(62)は、桃太郎がきびだんごを利用する話への疑問をぶちまけた。

「これから鬼の成敗についてくるならあげましょう、それが嫌やねん」

   出演者から「普通ですよ」「何がダメなんですか?」とツッコミが入ったが、小倉さんは、「えっ、でも、分かります」とさんまさんへの共感を示す。

「なんか、日本の昔話ってそういうことが多くって。桃太郎もね、鬼ヶ島に行くじゃないですか。私は、鬼退治じゃなくて、話し合ってほしいんですよ、鬼と」
「だからもう、『悪いことはしちゃいけない』って、『君はどうしたいんだ?』と言うの。カチカチ山とかも酷いじゃないですか? どう説明すればいいのか分からない」

   さんまさんは、「分かる、分かる。でも、素直に読んであげるのが一番ええんやろけどな」とフォローしたが、小倉さんは、「でも、鬼退治に行こうって子供が思ったら、やだな」と食い下がった。

「鬼が話し合いに応じるかよ、鬼だぞ鬼!」

   鬼と話し合えばいいというのは大人の意見では、とFUJIWARAの藤本敏史さん(47)から指摘があったが、小倉優子さんは、それでも鬼の成敗はしないでほしいと返した。

   「その前に悪いことしてるやんか」。藤本さんが鬼についてこう述べても、「いくら相手が悪いことしたって、自分が同じように悪いことしていいかっていったら、やっぱりね」と譲らなかった。「なんか、お前あったんか?」というさんまさんのツッコミには、「違う、違う」と手を振って否定していた。

   こうしたやり取りは、ネット掲示板などで話題になり、小倉さんの考え方に対し、次々に疑問点が出されている。

「鬼が話し合いに応じるかよ、鬼だぞ鬼!」「鬼なめすぎ」「別にいいやん。おとぎ話やし」「そこはキチンと現実と、アニメやお話を混同しないように躾なきゃね」......

   一方、「そう言う考え方もあるよね」「いきなり退治しにいく展開はちょっと強引」「親として気になるのも仕方ない」などと擁護の声も見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中