2019年 6月 21日 (金)

上司が叱る言葉の「本質」理解せよ 「就活生向け研修」ちょっとヘンでは?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)で2018年3月9日に放送された紹介された「叱られ方研修」に、ネットでは疑問が向けられている。

   番組によると、激しい叱咤の言葉の意図を読み解くことでショックを軽減し、ひいては新入社員の早期離職を防ぐのが目的とされているが、叱る側である上司の意識改革が先ではないかという指摘が寄せられている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「いつまでかかってるんだ!」は「仕事の仕方を変えよ」

   「叱られ方研修」は、大正大学が4年生向けに開いた特別プログラム「入社後、活躍する社員になるためのスキルアップ講座」の一環として行われた。

   6日に大学が発表したプレスリリースによると、社会人としてのマナーの他、「職場でのコミュニケーションの中で、新社会人として戸惑うことも多い『叱られ方』について、上司や先輩の話をどのように聞くべきか、どんな点から学ぶべきか等」を、研修を通して学ぶと説明されている。

   また、番組では、新卒の早期離職を防ぐことがねらいとして挙げた。

   番組で紹介された上手な叱られ方は、例えば上司から「いつまでかかってるんだよ!」と言われたら、「作業時間が長い、仕事の仕方を変える必要がある、早く完成してほしい」、「突然話しかけてくるんじゃねーよ!」は「今は別のことに集中している、自分の時間を邪魔されたくない、別の時間に話す必要がある」を意味しているなど、「言われ方に左右されず、その言葉の"本質"を理解すること」だという。

   叱り言葉の意図をくみ取れるようになった、と評価する声もある一方、「ここに気を使わなきゃいけないのか」と違和感を持つ学生の感想も報じられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中