2018年 5月 28日 (月)

伊藤ハム、ウインナー自主回収へ アレルギー物質「卵」の混入

印刷

   伊藤ハムは2018年3月12日、「皮なしウインナー」のパッケージに成分表示のないアレルギー物質の卵が混入したとして、同シリーズ3商品の計約6万6500パックを自主回収すると発表した。

   自主回収の対象商品はいずれも同社の東京工場で製造したものだ。スーパーマーケットのプライベートブランド(PB)「CGCグループ」とコンビニエンスストア「ローソンストア100」向けの商品で、賞味期限は3月24、28、30日と4月3、4日だ。

   同社の広報室担当者は13日のJ-CASTニュースの取材に「製品切り替え時の洗浄作業が不十分で、前に製造していた卵入りウインナーの卵が設備に残存していた」と説明した。対象商品の賞味期間は約30日間で、いつ頃から店頭に並んでいたかは不明。健康被害の申し出は13日昼現在、ないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中