2018年 9月 24日 (月)

「八角理事長の顔も見たくない」から? 貴乃花欠勤の心を相撲記者ぶっちゃけ

印刷

   大相撲の貴乃花親方が3月場所を初日から連続で欠勤したが、その理由を東京相撲記者クラブ会友の大見信昭氏が「ぶっちゃけ」た。

   同親方は日本相撲協会の是正を求め、内閣府に告発状を提出している。大見氏は欠勤について「顔も見たくないということ」と述べた。

  • 貴乃花親方(貴乃花部屋公式サイトから)
    貴乃花親方(貴乃花部屋公式サイトから)

「八角理事長側と全面戦争の構え」

   貴乃花親方は2018年3月11日から始まった3月場所を、会場に常駐する義務がありながら連続で欠勤している。

   欠勤について親方は12日のブログで、会場のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)に「常時滞在することは極めて難しい」と説明した。元日馬富士暴行事件で負傷した弟子の十両・貴ノ岩が3場所ぶりに復帰したが、「頭部に負った傷の回復状況から、心身への影響や後遺症等について予断は許さない状況であり、担当医師等と連絡を取りながら慎重に見極めていく必要がございます」と、会場にいられない理由も書いている。「日本相撲協会にも、その旨ご説明させていただいております」という。

   9日のブログでは、公益財団法人である協会の適正な運営確保に重大な疑義が生じているとして、公益法人認定法にもとづく立ち入り検査や是正措置を求め、監督官庁の内閣府に告発状を提出したと報告していた。17年10月末に起きた日馬富士暴行事件に関する協会の調査が第三者機関によるものでなかったことや、18年1月に下された自身の理事解任は解任事由にあたる義務違反が認められないことを主張している。

   大見信昭氏は13日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、こうした貴乃花親方の主張は「日馬富士の事件の時から一貫して言っている」と述べ、一方で「八角理事長は『自分達は何も問題ない、公明正大にやっている。いつでも調査してくれ』と、がっぷり四つ。どこまで両者が角突き合わせていくかが今の問題」と構図を説明。告発状提出は「貴の乱・第二幕」の始まりであり、「八角理事長側と全面戦争の構え」だと述べた。

大阪は「役員室がひとつしかない」

   ところが、そんな貴乃花親方が連日欠勤していることに疑問が出た。番組司会の坂上忍さんは「それにしてもやり方が下手という気がしてならない」と首を傾げ、俳優の中尾彬さんは「友達の(元大関)魁傑は『休むのは負けと一緒』と年中言っていた」と述べた。

   対して大見氏は、「これはもうぶっちゃけて言うと、顔も見たくないということ」と見解を示した。「大阪場所は東京の両国国技館と違って役員室がひとつしかない。八角理事長も、役員待遇の貴乃花親方も、みんな同じところにいる。貴乃花親方が出勤すると、八角理事長がいるところにいなければならない。するとお互いに気まずい思いがするのだろう」と背景も説明していた。

   なお、梶山弘志・内閣府特命担当大臣は13日の閣議後会見で、貴乃花親方の告発状を9日付で受理したとし、「公益等認定委員会事務局で調査することになる」と述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中