2018年 9月 22日 (土)

李明博氏、収賄容疑で取り調べ始まる 大統領経験者への捜査は5人目

印刷

   韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が2018年3月14日(現地時間)ソウル中央地検に出頭し、在職中の収賄容疑などで取り調べを受けた。

   李氏は情報機関の国家情報院からの不正資金に関与したとみられており、100億ウォン(約10億円)以上の収賄疑惑があるとされる。検察は2月、李政権で大統領府総務企画官を務めた金伯駿(キム・ペクチュン)被告を収賄罪などで起訴した際、起訴状に李氏を「主犯」と記載していた。

   韓国の大統領経験者が任期を終えた後に捜査を受けるのは李氏で5人目。李氏は「政治報復」だと主張し、容疑を否認している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中