2018年 7月 16日 (月)

ティラーソン氏解任 後任タカ派・ポンペオ氏「正恩氏の排除が望ましい」との示唆も

印刷

   米国のトランプ大統領と対照的に「対話路線」が際立っていたティラーソン国務長官が2018年3月13日、突然解任された。トランプ氏は5月中にも北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長と初の首脳会談に臨みたい考えで、会談をめぐる交渉過程ではティラーソン氏はすでに「蚊帳の外」だったとみられる。

   トランプ氏がティラーソン氏の後継に指名したポンペオ中央情報局(CIA)長官はティラーソン氏よりもタカ派として知られ、仮に首脳会談が不調に終わった場合、一気に軍事オプションの発動につながるのではないかという懸念も出ている。

  • ティラーソン氏はタカ派路線で知られている
    ティラーソン氏はタカ派路線で知られている

北朝鮮に対し強硬姿勢が目立つ

   トランプ氏はティラーソン氏の解任をツイッターで発表。その後トランプ氏は記者団に対して、ティラーソン氏とは「相性」が合わなかった、などと説明した。一方、トランプ氏は後任のポンペオ氏について、「我々は思考プロセスが非常によく似ている。非常にうまくいくと思う」と称賛した。

   ポンペオ氏はティラーソン氏に比べて北朝鮮に対して強硬姿勢が目立つ。17年7月にコロラド州で行われた安全保障フォーラムでは、北朝鮮の核・ミサイル問題について

「(トランプ)政権の観点からできることで最も重要なのは、(核で攻撃する)能力と、(それをしようとする)意図を持つであろう人を切り離すことだ」

と発言。正恩氏の排除が望ましいとの見方を示唆。CNNテレビによると、その後の質疑応答で、正恩氏の追放が「まぎれもなく良いこと」だとは思わないとしながらも、「北朝鮮の人々は、彼が去ることを喜ぶだろうと思う」とも述べた。

   18年3月11日に出演したフォックスニュースの番組でも、北朝鮮がミサイル発射が停止された「完全で、検証可能で、不可逆的な証拠」を提供しない限り、制裁を緩和するなどの譲歩はしないと強調した。

青瓦台は首脳会談への影響を否定するが...

   聯合ニュースによると、青瓦台(大統領府)高官は

「重要なのは北米(米朝)首脳会談を行うというトランプ大統領の確固たる意志」

などと話し、ティラーソン氏の解任が南北・米朝首脳会談に与える影響はないとの見方を示したという。だが、ポンペオ氏のタカ派路線には、早くも懸念の声が出ている。

   例えば英BBCは、

「5月の米朝首脳会談で合意ができなかった場合、トランプ氏が不機嫌になり、外交的手段が尽きたと感じ、北朝鮮に対して軍事攻撃を支持する以外の選択肢がないと感じる」

おそれを指摘。ポンペオ氏が

「北朝鮮への武力行使を支持しており、同盟が罠にかかるおそれを増大させている」

と分析している。

   河野太郎外相はティラーソン氏の解任について

「本当に率直に信頼しあって話ができる相手だったので、一緒に北朝鮮問題に取り組めると思っていたが、こういう事態になったことは個人的には非常に残念」

と述べ、後任のポンペオ氏とは「できるだけ早く会って意見交換したい」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中