2018年 12月 19日 (水)

宮崎駿監督の新作短編「毛虫のボロ」公開へ タモリが声・音を担当

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   スタジオジブリの宮崎駿監督が原作・脚本・監督を手掛けた映像作品「毛虫のボロ」が、2018年3月21日から東京・三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で上映される。14日に行われた試写会で、タレントのタモリさん(72)が主人公・ボロの声やすべての効果音を演じていることが明らかになったと複数のメディアが報じた。

   同館の公式サイトによると、「毛虫のボロ」は宮崎監督が長年あたためていた「虫から見た世界を描いてみたい」という思いから作られた作品。卵からかえったばかりの毛虫の赤ちゃん「ボロ」を主人公に描かれる。上映時間は約14分。上映に先駆けて2階ギャラリーでは「毛虫のボロ」展が開催されている。

   宮崎監督が手掛ける映像作品の公開は、2013年公開の映画「風立ちぬ」で引退宣言・撤回して以来、約5年ぶりとなる。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中