2018年 10月 22日 (月)

宮崎駿監督の新作短編「毛虫のボロ」公開へ タモリが声・音を担当

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スタジオジブリの宮崎駿監督が原作・脚本・監督を手掛けた映像作品「毛虫のボロ」が、2018年3月21日から東京・三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で上映される。14日に行われた試写会で、タレントのタモリさん(72)が主人公・ボロの声やすべての効果音を演じていることが明らかになったと複数のメディアが報じた。

   同館の公式サイトによると、「毛虫のボロ」は宮崎監督が長年あたためていた「虫から見た世界を描いてみたい」という思いから作られた作品。卵からかえったばかりの毛虫の赤ちゃん「ボロ」を主人公に描かれる。上映時間は約14分。上映に先駆けて2階ギャラリーでは「毛虫のボロ」展が開催されている。

   宮崎監督が手掛ける映像作品の公開は、2013年公開の映画「風立ちぬ」で引退宣言・撤回して以来、約5年ぶりとなる。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...