自作の「揚げたてベビースター」も食べられる 津市に「おやつタウン」、19年夏開業

印刷

   スナック菓子「ベビースターラーメン」を作る体験コーナーなどを備えた工場一体型テーマパーク「おやつタウン」が、三重県津市に2019年夏に開業する。同製品のメーカー「おやつカンパニー」(津市)の松田好旦会長が設立した運営会社「おやつタウン」が18年3月15日、発表した。

   J-CASTニュース編集部が16日、「おやつタウン」社に同施設の詳細について取材すると、「国内最大級のアスレチックといったエンターテイメント性のほか、お客様ご自身で作られた揚げたてのベビースターラーメンを食べられるといった体験もできる施設です」と説明した。

   建設場所は、現在のおやつカンパニー社のベビースター工場に隣接した場所を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中