2019年 3月 25日 (月)

大坂なおみに「どうした、凄すぎるぞマジで!?」 世界ランク1位に圧勝

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   テニスのBNPパリバ・オープンの女子シングルス準決勝が2018年3月16日(日本時間17日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、世界ランク44位の大坂なおみ選手(20)が同1位のシモナ・ハレプ選手(26)を2-0で下す大金星を挙げた。

   これまでの対戦成績は大坂選手の3敗だった。だがこの試合、身長180センチから繰り出す超高速サーブがさく裂。パワフルなショットも次々と決まり、第1セットの2ゲーム目でいきなりブレーク。6-3で1セット目を奪うと、2セット目は1ゲームも与えない独壇場だった。

  • Carine06撮影(WikimediaCommonsより)
    Carine06撮影(WikimediaCommonsより)

決勝の相手は世界ランク19位

   大坂選手はパリバ・オープンの初戦、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ選手にストレートで勝利すると、準々決勝までにわずか1セットしか落とさない圧巻の試合を展開。好調ぶりをアピールしていた。

   今回の結果にツイッターでは、

「大坂なおみちゃん...これ倒せる人おるん?ってくらい強かった...」
「大坂なおみどうした、、凄すぎるぞマジで!?!?」

と、驚きや祝福の声が殺到。

「大坂なおみ選手 錦織圭選手より先にマスターズ優勝来ちゃう、オメ!」
「錦織より先にマスターズ1000を制覇するのか大坂なおみ」

と、錦織圭選手(28)でも成し遂げていないマスターズ大会優勝を期待する声も相次いだ。

   決勝は日本時間19日、世界ランク19位のダリア・カサトキナ(20)と対戦する。悲願のツアー初優勝まであと一歩だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中