内田康夫さん死去、83歳 浅見光彦シリーズで大人気

印刷

   ルポライターの名探偵・浅見光彦シリーズで多くのファンをつかんだ人気作家、内田康夫(うちだ・やすお)さんが2018年3月13日、敗血症のため東京都内で死去していたことが分かった。83歳だった。「浅見光彦記念館」のホームページが公表した。

   生涯で200作近い作品を刊行し、発行部数は1億冊を超えていたという。作品がしばしばテレビドラマ化されていたこともあり、近年、お茶の間で最も親しまれたミステリー作家の一人だった。

  • 亡くなった内田康夫さん(「浅見光彦記念館」HPより)
    亡くなった内田康夫さん(「浅見光彦記念館」HPより)

40歳の半ば過ぎから作家に

   東京都北区の出身。テレビやCM制作の仕事を経て40代半ば過ぎから推理小説も手掛けるようになる。1982年の「後鳥羽伝説殺人事件」で、警察幹部を兄に持つルポライター、浅見光彦が事件の謎解きで大活躍する主人公として初登場。2017年の「孤道」(未完)までにシリーズ114冊を書き上げた。テレビ各局でシリーズドラマ化され、辰巳琢郎、沢村一樹、速水もこみち、榎木孝明、中村俊介らの人気俳優が演じたこともあって、放送を楽しみにするファンが多かった。

   このほか「信濃のコロンボ」、「岡部警部」などのシリーズや歴史小説などもあり、旅情ミステリーにとどまらず、幅広い作品を手がけた。08年には、推理小説の発展に貢献のあった作家らに贈られる日本ミステリー大賞を受賞している。

   13年に朝日新聞「be」が行った「私が好きなミステリー作家」の読者アンケートでは、内外の有名推理作家の中で、9位の横溝正史、10位の森村誠一氏に続いて11位にランクインしていた。

   早くから軽井沢に居を移し、同町には浅見光彦記念館がある。02年に出身地の東京と北区に「北区内田康夫ミステリー文学賞」を創設されている。

完結編を公募していた

   近年は体調が万全ではなく、15年7月に脳梗塞が見つかり入院。毎日新聞で連載していた浅見光彦シリーズ作「孤道」は8月に途中で終わった。17年3月、執筆活動が難しくなったとして作家活動を正式に休止していた。

   「孤道」の結末部分については、新たな才能を発掘する機会にしたいということから、同作の「完結編」となる長編を公募することにし、原稿用紙350~500枚の未発表の長編を18年4月末の締め切りで公募しているところだった。

   浅見光彦記念館によると、葬儀は本人の意向で近親者のみで行われ、お別れの会は開かれない。記念館では3月23日から4月23日まで献花台を設ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中