谷岡学長に「擁護派」登場 武井壮「至極真っ当なこと多かった」 

印刷

   伊調馨選手へのパワハラの告発状に反論した谷岡郁子・至学館大学学長の会見が物議を醸すなか、元陸上十種競技日本王者の武井壮さんは「至極真っ当なことが多かった」として擁護した。

   特に批判にさらされているのが谷岡学長の「そもそも伊調馨さんは選手なんですか」という発言だが、武井さんは「あんなこと言いたかったわけじゃないと思う」と心境を慮った。

  • 谷岡郁子氏(2012年撮影)
    谷岡郁子氏(2012年撮影)

「他のことに関しては引っかかることがあまりなかった」

   武井さんは2018年3月19日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。15日に行われた谷岡学長の会見を取り上げた際、「『なんでそんな表情でそんな言い方するの』ってみんなカチンときたと思うんですけど、言っていることは至極真っ当なことが多かったりして」と自身の見解を示した。

   谷岡学長は会見で、学生に心無いメールが寄せられているとして「訳のわからない風評被害によって、深く傷つけられていることに、本当に心を痛めております」と訴えた。一方、告発状を「訳のわからない文書」としたり、パワハラ加害者と指摘されている栄和人・日本レスリング協会強化本部長(至学館大レスリング部監督)を「その程度のパワーしかない人間」としたりするなど、どこか高圧的な姿勢をみせた。とりわけ「そもそも伊調馨さんは選手なんですか」という発言は、「選手かどうかは伊調選手本人が決めることだ」といった批判を受けている。

   武井さんは番組で

「『伊調さんは選手なんですか』というのは言いすぎだと思います。実際に選手だし、選手登録されているし。五輪をめざしていなくても、五輪に絡まなくても全員選手だし、それはよくないと思います」

と釘を刺す一方、

「他のことに関しては引っかかることがあまりなかった」

と谷岡学長の主張におよそ納得したようだった。

「自分の大学の選手や環境、監督のことでかなり集中砲火を浴びていた」

   漫画家の倉田真由美さんは「『そもそも選手なんですか』って、そもそもじゃない。選手かどうか関係なく、パワハラがあったかどうかが問題なのに、何を言ってるのかなと思う」と不満を露わにした。

   だが、武井さんは

「谷岡さんも、『選手なんですか』発言はたぶん(思わず)出ちゃった言葉だと思う。あんなこと言いたかったわけじゃない。あの告発があって、自分の大学の選手や環境、監督のことでかなり集中砲火を浴びていたから、それに対して守りたいという思いがあって、あの態度だったとも思う」

と谷岡学長の心境を推察した。

   谷岡学長は会見前の7日にも、一連の報道によって「無関係の学生たちまでSNS等を通じて批判、侮辱されるような事態になっております」などと影響を受けていることを伝える文書を報道機関にあて、理解を求めていた。

   また、武井さんは番組で「今回出てきた問題は全部違う」「全部パワハラというわけにもいかない」と指摘。「栄監督の方針に不満だった人は全部(不満を)言い出す。でも笑顔で何の問題もなく、先生のおかげで五輪でメダルをとれたという選手もいる」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中