2018年 8月 18日 (土)

生保各社が「利益還元」競争? 「人生100年時代」へ「恩恵」分配

印刷

   生命保険各社が、日本人の長寿化が進んでいることで得られる利益を、相次いで保険契約者に還元する。金融庁が生保各社に利益還元を促していることにも対応する。既存の死亡保険などの契約者には配当を増やし、新規の契約者には保険料を値下げする。「人生100年時代」を迎え、平均寿命を待たずに死ぬリスクより、長生きするリスクの方が高まっていることを裏付ける現象とも言える。

   生保各社は、業界団体「日本アクチュアリー会」が年齢・性別ごとに余命や死亡率を定める「標準生命表」をもとに、契約者が支払う保険料などを算出している。この標準生命表が2018年4月に、11年ぶりに改定されるのだ。足元で進んでいる長寿化を背景に余命は伸び、死亡率は下がっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

標準生命表の改定

   例えば、40歳男性を見ると、2007年版では死亡率が1000人に対し1.48人だったものが18年版で1.18人に縮小する。40歳男性の平均余命は07年版が39.67歳だが、18年で41.87歳に伸びる。ちなみに40歳女性の場合、死亡率が1000人に対し0.98人から0.88人に下がり、平均余命は45.87歳から47.33歳にまで伸びる。

   生命保険会社の本業の利益「基礎利益」を構成するのは大きく3種類。顧客から預かった保険料を運用した結果、想定した運用益と実際の運用益の差額が「利差益」、事務負担などの費用の想定額と実際額の差が「費差益」、さらに、想定した保険金の支払額と実際との差が「死差益」だ。このうち最も大きいのが「死差益」で、2017年3月期には大手生保の基礎利益の7割程度を占めたとされる。死差益は生命保険会社の利益の源泉で、経営の屋台骨を支えるものではある。

   しかし、死亡率の想定の数値と実際の数値とが乖離し過ぎると、「長寿化の恩恵」の分配について不公平感が生じかねない。そのため監督官庁の金融庁は契約者への還元を強く促しており、2017年10月の金融レポートでは「有配当契約における契約者間での公平な配当」などを求めた。標準生命表の改定はこうしたことも踏まえ、現実との乖離を是正するものだ。

キャッシュバックや増配、値下げ

   今回、業界最大手の日本生命保険は4月に新規契約の死亡保険の保険料を引き下げる。期間10年、保険金額2000万円の場合を例にとると、40歳男性で12%の値下げとなる。三井生命保険や富国生命保険、朝日生命保険、ソニー生命保険も4月から一斉に値下げに踏み切る。第一生命保険は標準生命表改定分の値下げに加え、健康診断結果の提出によって保険料を最大2割値下げする方向だ。

   明治安田生命保険はこれを一歩進め、健康診断の結果が良好なら保険料の一部をキャッシュバックする制度を2019年4月に導入する方針だ。毎年、血液や尿の検査数値を提出してもらい、医療保険の契約者の健康への意識を高める。死亡保険だけでなく、一部の医療保険への導入も検討する。

   一方、日本生命は既契約者には増配で報いる方針で、2018年3月期分について、個人契約の配当を約300億円増やす。増配は配当のある契約の約7割に当たる700万件が対象。今回の増配額は前回増配した16年3月期の約30倍で、前回の標準生命表改定時の07年3月期(約460億円)に次ぐ規模となる。明治安田生命保険も300万件を対象に70億円、富国生命は111万件を対象に34億円増配する方針。

   また、長生きリスクの高まりによって医療保険は本来、数%の値上げとなる局面だが、日本生命は販売への影響を抑えるため、新規加入分について保険料を現状通りに据え置く見通し。第一生命は一部の医療保険の保険料をむしろ値下げする方針だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中