ピーチとバニラ・エアが経営統合 アジアの需要喚起へ

印刷

   ANAホールディングス(HD)は2018年3月22日、傘下の格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションとバニラ・エアを、19年度末をめどに経営統合すると発表した。LCCを強化し、成長著しいアジアの需要を喚起する狙いだ。ピーチは関西空港、バニラは成田空港を拠点にしており、統合で機材の効率的な運用が可能になる。ピーチとバニラの打ち上げ高を合算すると、LCC国内首位のジェットスター・ジャパンを上回る。

   ピーチは20年をめどに中距離LCC領域へ進出することで、訪日外国人旅行者数を4000万人とする政府目標に貢献する考え。20年度に売上高1500億円、営業利益150億円の規模まで伸ばし、アジアを代表するリーディング LCCを目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中