自民党、改憲案を細田氏に一任 9条2項維持へ

印刷

   自民党の憲法改正推進本部は2018年3月22日、党本部で全体会合を開き、憲法9条の改正案について細田博之本部長に対応を一任した。細田氏は安倍晋三首相の意向に沿う形で、戦力の不保持などを定めた9条2項を維持し、9条とは別の「9条の2」を新設して自衛隊の存在を明記する方針だ。

   これで、自民党が検討してきた改憲4項目の取りまとめは終了した形となる。党は25日の党大会で、自衛隊の存在を明記した条文案について報告する見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中